春や秋などの季節の変わり目のゆらぎ肌の対策とおすすめの化粧品

最近、「ゆらぎ肌」という言葉をよく耳にしますが、「ゆらぎ肌」というものはどういうものかご存知でしょうか?

ゆらぎ肌は、春や秋などの季節の変わり目など、急激な気温の変化や環境の変化に伴ってに起こりやすい、
お肌が不安定で敏感な状態になっていることを言います。

敏感肌とも似ていますが、特に環境の変化などによるストレスが影響されているようです。

そんなお肌が不安定な時期におすすめの化粧品などについてご紹介していきます。

春や秋などの季節の変わり目のゆらぎ肌とは?

花粉

肌タイプといえば、乾燥肌、脂性肌、敏感肌がありますが、最近ではゆらぎ肌という新しい肌タイプがあるようです。

ゆらぎ肌というのは、原因はいろいろありますが、特に冬から春にかけての時期にお肌の状態が不安定になることを言います。

特に春先に多いのですが、その理由としては、花粉の飛散が始まること、年度の変わり目で新しい生活(転勤や異動など)が始まり、
その環境の変化によるストレスや、急激な気温の変化(寒暖差)、紫外線が多くなることなどがお肌にとって刺激になるからです。

そういえば、春になると、急に吹き出物やニキビができやすくなったり、乾燥してきたりなど、お肌が敏感になってると感じたことはありませんか?

このように、環境の変化と、精神的なストレスが重なることが影響されます。

また、このことは春先だけでなく、1年を通してみられることもあります。

アレルギー症状

例えば、花粉症などのアレルギー症状は、春先のスギやヒノキの花粉だけでなく、最近は様々な植物の花粉に反応する方が増えてきています。
夏から秋にかけては、ブタクサやヨモギ、イネ科の植物の花粉が飛散していますし、そのほかの時期にも何らかの花粉は飛散しているため、
もはや花粉症は通年の悩みとなっています。

それらに伴い、春の場合はだんだん暖かくなってくるので、新陳代謝が乱れたり、皮脂分泌が盛んになるので、
いつもよりニキビや吹き出物ができたりします。

また、夏から秋にかけては、夏の疲れが体だけではなく、肌にも現れたりします。
紫外線をたくさん浴びてしまった肌は、シミやくすみ、乾燥を招きやすくなります。
そして、秋の花粉などによるアレルギー症状や、朝晩涼しく、日中は暑かったりといった気温差によるアレルギー症状も見られるようになります。

花粉などのアレルギーによる肌の症状というのは、具体的には次のようなものです。

・赤みが出る
・湿疹ができる
・かゆみを感じる
・ヒリヒリする
・乾燥してカサカサする

ゆらぎ肌の対策について

スキンケア

次にゆらぎ肌の対策についてですが、まず、原因となる刺激をできる限り取り除くようにします。

例えば、春や秋に多い花粉が影響しているなら、花粉が肌につかないように、顔の場合はマスクなどをして肌の露出を避けます。

アレルギー症状があると、鼻のかみすぎによる摩擦で、鼻の周りや口元などの肌がヒリヒリすることがあります。
鼻をかむ際は、ローション入りのティッシュなどが販売されていますので、そのような肌に優しい素材のティッシュなどを利用するのもおすすめです。

また、メイクするときは、ファンデーションを薄く塗るようにします。
ファンデーションは油分の多いリキッドタイプだと、花粉が付着しやすいため、パウダータイプがおすすめですが、
仕上げにフェイスパウダーをつけて表面をサラサラの状態にしておくと花粉が付きにくくなります。

特に気を付けたいのはアイメークです。
目の周りは皮膚も薄くデリケートな部分です。
花粉だけでなく、ゆらぎ肌のときはアイメークによってかゆみや腫れ、赤みが生じることがありますので、
この時期は様子を見るか使用を控えたほうがよいです。

そして、なによりもゆらぎ肌のときはスキンケアが重要になります。

ゆらぎ肌はお肌の状態が不安定で弱っているため、基本的には敏感肌と同様に優しいケアを行うことが大切です。
いつも以上に細かく自分の肌の状態をチェックし、過剰なスキンケアにならないようにします。

まずは洗顔ですが、決して洗いすぎないことです。
肌に負担の少ないクレンジング(オイルはこの時期はおすすめできません)でメイクを落とし、洗顔で十分に洗い流します。

また、この時期の洗顔料は、ピーリングやスクラブ入りのものは避けましょう。

そして、洗い流す際は、ぬるま湯にします。
熱めのお湯は、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、かえってお肌が乾燥してしまう原因となります。

クレンジング・洗顔の後は、保湿が重要です!
ゆらぎ肌は、肌が特に敏感になっている状態ですので、刺激の少ない(アルコールフリーのもの)化粧水でしっかりと保湿します。
乾燥しているらといって、美容液やクリームをたっぷりつけたくなりますが、
あまりベタベタしすぎると肌への浸透を妨げ、保湿が不十分になり、かえって刺激を与えてしまうことになりますので、
くれぐれもつけすぎないようにします。

ゆらぎ肌におすすめの化粧品

アヤナス

最後にゆらぎ肌におすすめの化粧品をご紹介します。

ゆらぎ肌のときは、敏感肌用などの無添加で、肌に優しい成分の入ったものや、高保湿成分配合で肌荒れに効く化粧品を選びましょう。

そして、正しいスキンケアを心がけます。

正しいスキンケアというのは、

①クレンジング
肌に優しいクリームやミルクタイプのクレンジングを使用する。
オイルタイプ、シートタイプは肌に刺激になるので避ける。
クレンジングする際は、肌をゴシゴシとこすらずに、ぬるま湯で優しく丁寧に落とす。

②洗顔
クレンジングと同様、肌に負担をかけない優しいタイプのものを使用する。
泡立ててから、優しく丁寧に包み込むようにして洗う。
すすぎはぬるま湯でしっかりと洗い流す。

③化粧水
敏感肌用など、無添加で肌に優しいものを使用する。
手で温めてから優しくハンドプレスしたり、目元・口元など特に乾燥しやすいところは重ね付けする。

④乳液・美容液・クリーム
敏感肌用など、無添加で肌に優しいものを使用する。
化粧水と同様、手で温めてから優しくハンドプレスするとよい。
乳液・美容液・クリームは油分が多いので、ついたくさん塗りたくなりますが、過剰に塗り過ぎるのはNG。
ベタベタになり、かえって肌に刺激となるので注意。

当サイトがおすすめするのは、敏感肌向けの化粧品専門ブランドで、特にエイジングケアにも力を入れている
ディセンシアのayanasu(アヤナス)シリーズです。

アヤナス化粧水

通常のセラミドよりも浸透力の高い、ヒト型ナノセラミド(セラミドナノスフィア)やアミノ酸、ヒアルロン酸などを配合し、
高保湿効果が期待できるのと、抗炎症成分(特許成分のヴァイタサイクルヴェール)を配合しているので、
花粉などの外部刺激による肌トラブルなどの炎症を抑えてくれます。
肌への刺激となるアルコールや香料などが不使用で低刺激なので、お肌が敏感な方はもちろん、ゆらぎ肌の方にとってもおすすめのスキンケア化粧品です。

また、数々の女性誌などにも取り上げられたり、美容家、モデル、芸能人など、美意識の高い方からも愛用されています。

ディセンシアのアヤナスの詳細はこちらからです ↓

まとめ

いかがでしたか?

今回は、季節の変わり目に起こりやすい新しい肌タイプの「ゆらぎ肌」について書いてみました。

いつもと肌の調子が違うな、化粧品が合わないなと思ったら、肌に優しい、低刺激のスキンケアに変えてみましょう。

そして、いつも以上に自分の肌の状態を細かくチェックし、過剰なスキンケアにならないようにすることが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る