プラセンタの効果と馬、豚の違い|サプリの選び方とエイジングリペア

いつまでも若々しくきれいで健康でいたいというのは、女性の誰もが願っていることです。

それをかなえてくれるのがプラセンタ。コラーゲンと並ぶ美容成分として話題になっています。

そのプラセンタについて、あらためてその効果や効能、
そして最近注目を浴びている馬プラセンタは一般的な豚と比べてどうなのか?や、
サプリメントの選び方などについてご紹介していきます。

プラセンタとは?その効果や効能について

女性

美容や健康に関心のある人であれば、誰もが知っているコラーゲンと同じように、
プラセンタは若返りのエキスとして注目を浴びています。
特に最近では、プラセンタ配合のサプリメントや化粧品が増えてきています。

そもそもプラセンタとは、胎盤のことで、人だけでなく馬や羊、豚などの哺乳類全般の胎盤のことを指します。
胎盤もともと胎児に栄養を届けるものなので、それ自体に栄養がたくさん詰まっています。
動物の場合は出産後に胎盤を食べるのですが、それは出産で消耗した体力を回復するためです。
人間の場合はそれから抽出されたエキスをサプリメントや化粧品に配合して利用しています。

このプラセンタは、古くから美容や健康のために使われていました。
紀元前4世紀には、すでにヨーロッパ中で治療薬として使用していましたし、
絶世の美女と言われ、世界三大美女の一人でもあるクレオパトラや、マリー・アントワネットといった歴史上の美女たちも、
若返りの薬としてプラセンタを使っていたとも伝えられています。

コラーゲンと並ぶ美容成分があるといわれているプラセンタには、肌を美しくするだけでなく、
更年期障害などの女性特有の体調の変化などにも効果があります。
また、医療現場などでも使われているのには理由があります。

具体的には以下のような効果や効能が見られます。

・メラニンの過剰生成を抑制し、シミを作らないようにするため、美白効果がある。

・コラーゲンを生成し、肌のシワが減り、ハリが出てくる。

・肌表面の潤いを増す効果がある。

・老化の原因となる活性酸素の除去。

・血行を促進する。

・女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、生理が軽くなったり、PMS(月経前症候群)や更年期障害の症状の改善する。

・老廃物を排出しやすくするため、便秘などを解消する。

・新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常にする。

・抗炎症作用があり、日焼けやニキビなどで炎症を起こしてしまった細胞を鎮める効果がある。

・免疫力アップで風邪をひきにくくしたり、体温を挙げる効果がある。

・免疫力がつくことで、ハウスダスト症候群や花粉症、アトピーなどのアレルギー疾患をを抑える抗アレルギー作用がある。

プラセンタの種類 馬と豚はどう違うの?

プラセンタは胎盤のことなので、哺乳類動物であればいろいろな種類のものがありますが、
主に利用されているのは、豚、馬、羊、ヒトとなっています。

・豚プラセンタ

豚

最もメジャーで一般的に流通が多いのがこの豚由来のプラセンタです。
豚は一度の出産で10頭前後の子どもを産むのに加え、出産時期も年に2回あるため、
生産される胎盤の数が多いことから、他の胎盤と比べて大量生産しやすいため、価格がお手頃となっています。
ただし、安いからといって、他のプラセンタよりも著しく成分が劣っているというようなことはありません。
プラセンタならではの成分(アミノ酸やタンパク質、核酸など)がバランス良く含まれていますので、
効果が期待できないということもありません。

・馬プラセンタ

馬

馬由来のプラセンタは、近年では人気が高まってきて、豚由来の次に広く利用されています。
豚プラセンタの数百倍ものアミノ酸が含まれているほか、他のプラセンタには含まれていないような成分が含まれていたり、
馬は病気にかかりにくいうえ、優秀なサラブレッド産のものを利用していることが多いです。
サラブレッドは、徹底した品質管理の下で育てられるため、成分的にも安全で、衛生面もしっかりしているため、
安心感があるということで、馬プラセンタの人気が高まってきています。
ただし、馬は年に1頭ずつしか出産をしないため、豚プラセンタのように大量生産ができません。
そのため、どうしてもコストがかかったり、希少なものなので高級品となってしまいます。

・羊プラセンタ

羊

羊由来のプラセンタは北米やヨーロッパなどで人気のプラセンタです。
羊も病気にかかりにくい動物なので、豚よりは安全性は高いと考えられていますし、
浸透力が高く海外では人気でも、日本では狂牛病問題以降、羊の胎盤の利用には制限がかかっているため、
あまり流通していないのが現状です。

・ヒトプラセンタ

妊婦

ヒト由来のプラセンタは、効果、安全面からすると、非常に優秀ですが、医薬品として利用されるので、
サプリメントや化粧品には利用できません。
人プラセンタは、医療機関でプラセンタ注射として、注射や点滴を打つことになりますが、
美容目的の場合は全額自己負担となりますので、コストが高くなってしまいます。

馬プラセンタの選び方とおすすめのサプリメント エイジングリペア

では、プラセンタの選び方についてご説明します。
プラセンタ(胎盤)の成分には、その動物の育った環境によって左右されます。
胎児は直接胎盤から栄養を摂るので、その動物が食べたものや環境、生育過程によって、胎盤を通じて影響が出てしまいます。

まず、一般的に流通量が多く、価格が手ごろで始めやすいのが豚プラセンタですが、
選ぶ際には注意したことがあります。

豚は、病気にかかりやすいため、生育過程でワクチンや薬剤などを投与されることがあります。
このため、プラセンタ(胎盤)にも、それらの不純物が混ざりやすくなっていますが、
もちろん、流通されるときには不純物は取り除かれます。
しかし、同時に有効成分まで除去されてしまう場合があります。
もし、不安がある方は、衛生的な環境で大切に育てられた豚から抽出されたものを選ぶと良いでしょう。

豚プラセンタ

特に豚プラセンタの場合は、しっかりと品質管理されて育った国産の「SPF豚」から抽出されたプラセンタがおすすめです。
SPF豚は、日本SPF豚協会によって厳格に定められた基準で育てられた豚なので、
抗生物質などの薬剤を与えられずに育てられているため、不純物が混ざりにくいのが特徴です。
また、プラセンタの製造過程で失われる有効成分も少ないです。

次に、最近、人気が高まっている馬プラセンタの選び方ですが、馬は出産回数が少ないため、
胎盤の数も少ないうえに、豚プラセンタよりも栄養が豊富で安全な飼育をされているため、効果も高く高級品と言われています。

馬プラセンタ

しかし、馬プラセンタにすれば効果が高いかといえば、そうでもなく、中にはプラセンタエキスの量など成分表示が不明瞭だったりします。
馬プラセンタは価格が高いものが多いので、成分表示がはっきりと表示されているかチェックして選ぶようにしましょう。

ちなみに、おすすめの馬プラセンタは、キルギス産サラブレッドが原料の「エイジングリペア」というプラセンタサプリメントです。

エイジングリペア

最高級の品質と豊富な栄養
(馬プラセンタ 180㎎ キルギス産サラブレッド馬プラセンタを使用、従来の豚プラセンタの296倍でアミノ酸が濃い、
コンドロイチン、デルマタン硫酸、低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸)

徹底的な管理のもと製造され、無添加 無香料 無着色 保存料不使用なので、安心、安全です。

きっと、今までにない実感をすることができると、口コミでも話題になっています。

エイジングリペアは、30代から始まり40代を中心とした女性の悩み(透明感、乾燥、体調、女性特有の体の悩み、内側からのエイジングケア)など、
美と健康を意識する女性や、芸能人やモデルの間でも愛飲されていますし、
数々の女性誌などにも取り上げられ、話題になっているプラセンタサプリメントです。

今までのプラセンタサプリメントでは物足りなかった方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ちなみにプラセンタプリメントの効果が現れ始めるのは、個人差にもよりますが、3か月が目安となっています。
そのため、エイジングリペアはよくある1週間のトライアルのようなものは用意していません。
その代わりに45日間の全額返金保証がついていますので、安心して始められます。

エイジングリペアの詳細はこちらからです ↓



プラセンタサプリメントは目立った副作用はありませんので、安心して召し上がれます。

まとめ

プラセンタは哺乳類動物の胎盤なので、副作用や安全面での心配があるかと思いますが、
特に目立った副作用はありません。

豚プラセンタなら流通量が多いので比較的お手頃価格で始められますが、
どうしても安全面で不安が残る方は、価格が高めになってしまう馬プラセンタのほうがおすすめです。

プラセンタは美肌になるだけでなく、女性のあらゆる悩みにも効果を発揮してくれますので、
ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る