夏の肌トラブルの特徴とお手入れで秋の肌を健やかに

冬の終わりから春にかけてもそうですが、夏の終わりから秋にかけても肌トラブルが多くなっていませんか?

こうした肌トラブルは、気温や湿度が変わってくる、季節の変わり目の影響が大きいからです。

今回は夏の終わりから秋にかけての肌トラブルについて書いています。

夏の肌トラブルの特徴と原因

夏の肌トラブルで意外と多いのは、乾燥やニキビなどの肌荒れです。
頬は乾燥しているのに、TゾーンやUゾーンはニキビができてしまうということはありませんか?

夏に肌が乾燥しているなんて…と思われるかもしれませんが、
一日中冷房の効いた部屋にいると、知らず知らずのうちに肌の内部が乾燥していることがあります。
これはインナードライと言って、肌表面は皮脂でべたついているので、
一見潤っているように感じても、肌内部では深刻な水分不足に陥っていることも。
乾燥を自覚しにくいため誤ったお手入れをするとよけいに乾燥を招いてしまいます。

うっかり日焼け

例えば、バリア機能が低下するので、紫外線などの外部刺激をダイレクトに受けることになるため、
シミやくすみの原因になったり、水分を保持する機能も衰えてくるため、さらなる乾燥状態になってしまいます。

そうなると、肌が潤いを逃がさないようにと皮脂を過剰に分泌するようになり、
ニキビなどの吹き出物の原因にもなってしまいます。

また、夏は体の代謝が低下してくる時期で、血行が悪くなりがちなうえに、
冷房によって体が冷えすぎてしまうとよけいに血行不良になり、くすみや吹き出物などの原因にもなります。

季節だけの影響にとどまらず、暑さのストレスなどでホルモンバランスが乱れてきたり、
食欲の低下に伴う栄養バランスの崩れや、夜更かしで睡眠時間が短くなると、ニキビ等ができやすくなります。

年齢が上がってくると、肌の弾力が失われ、シワやたるみの原因にもなってしまいます。

このように肌はデリケートで、外的な要因だけでなく、内的な要因からも影響が出やすいので、
毎日のスキンケアを見直したり、栄養のバランスに気を付け、睡眠時間を確保するようにしてみましょう。

夏の肌荒れ対策 スキンケアはどうする?

アンプルール ラグジュアリーホワイト

夏は肌がべたつくからと言って、保湿ケアをおろそかにしていませんか?

肌表面に適度な油分がないとそれを補おうと皮脂の分泌量が増え、よけいテカリやべたつくようになります。
それに肌が冷房にさらされるため、肌表面は潤っているように感じても、肌の奥の方はカラカラ状態だったりします。

夏の肌は意外と乾燥しているんです!
だからいつの時期も潤いが大切!
暑いからと言って、潤いを守る保湿ケアを手抜きしないようにしましょう!

日焼け止めクリーム

また、乾燥対策と同じくらい注意したいのが紫外線対策です。
日焼け止めクリームは外出するしないに関わらず、毎日塗りますが、
これも肌に直接塗るのではなく、しっかり保湿ケアをしてからにしましょう!

それに、日焼け止めクリームを塗ったから安心ではなく、
こまめに塗り直さないと、うっかり日焼けをしてしまうこともあります。

その場合は72時間以内のお手入れ(美白ケア)が決め手になります!
というのも、紫外線を浴びると72時間後にメラニンの生成を促す指令が出されると言われているためです。
メラニンは紫外線から肌を守るために作られますが、過剰にできてしまうとシミの元になってしまいます。
そうならないためには、まずは紫外線を浴びたらなるべく早く(12時間以内に)すべきことがあります。
それは、クールダウン→肌ならし→水分補給→集中美白ケアの手順でケアします。

具体的には、下記のようになります。

・クールダウン

クールダウン

日中紫外線を浴びたらすぐにでもスタートさせます。
日焼け後の肌は、まずはほてりを抑えるために、冷たいおしぼりなどで炎症を抑えます。
また、体の内部もカラカラに乾燥しているので、内側からの水分補給も忘れずに。
水分を摂ることで代謝もアップします。

・肌ならし
集中的なケアを始める前に、メラニンをスムーズに排出させます。
刺激の少ない洗い流すタイプのパックなどを使用して、毛穴のよごれ、角質のケアをします。
このときに美白成分の入っているものだとさらによいでしょう。

・水分補給
紫外線は肌からどんどん水分を奪っていきますので、放っておくとカサカサの乾燥肌になってしまいます。
肌のターンオーバーも遅くなってくるので、紫外線を浴びたらなるべく早く肌に潤いを与えます。
美白ローションをたっぷり含ませたマスクなどを使用して、肌の奥まで潤いと美白成分を浸透させます。

・集中美白ケア

スキンケア

水分補給をした肌にさらなる美白成分を浸透させるために、美白美容液や美白クリームなどを使って、
乾燥が気になる部分には重ね付するなどして、しっかりと成分を浸透させます。

これらを12時間以内にケアした後は、次に(72時間以内)すべきこととして、
日ごろからのお手入れと同じように、美白成分の入ったローション、美容液、クリームなどを使って、
肌を守っていきます。

肌が落ち着いてきたら、浸透を強化するために、さらなる美白成分の入ったローション、美容液などでお手入れします。

美白は短期間で効果が現れるというものではないので、毎日のスキンケアに取りいれていきましょう!

夏のダメージを肌に残さないお手入れ方法とは?

肌のお手入れ

夏のダメージというと、紫外線によるものが多く、放っておくと肌を老化させる原因になってしまいます。

夏に受けたダメージは、秋に向けて一刻も早く消し去りたいものです。
日々のうっかり日焼けも焦って特別なケアをするよりも、基本的なお手入れを毎日コツコツとすることが大事です。

まずは、乾燥しがちな夏のダメージ肌を日中もこまめに保湿することです。
つねに肌に潤いがあれば、硬く乾燥したお肌のごわつきもなくなりふっくら柔らかな肌になります。
こうした土台作りをすることで、その後のローションや美容液などの浸透具合が違ってきます。

次に、肌を元気づけるために美容液をいつもよりたっぷりめに使うことです。
ローションでお肌に水分を与えた後は、紫外線によって肌内部のコラーゲンやエラスチンの生成を促すためにも
ケチらずにたっぷりめの美容液でお肌の奥深くにチャージしていきます。

そして、表面上は落ち着いて見える肌でも、ダメージを受けた肌は何もしなければどんどんくすんでいきます。
そのときに刺激を与えれば逆効果になりますので、洗い流すタイプのパックや、ローションや美容液を浸したシートマスクなどで、
シンプルなケアを心がけます。

さらに、週に1~2回は、ハリ・弾力をよみがえらせるスペシャルケアとして、濃厚な美容液が含まれた密着タイプのシートマスクがおススメです。
特にたるみがちな目元専用のパックもおススメです。
肌にピッタリと密着させることで、美容成分がしっかり浸透していきます。

最後に、今後も絶対に欠かせないのが美白ケアです。
シミ、シワ予防のためにも、本格的に美白ケアに取り組みたいものです。
美白効果があるといわれているビタミンCやアルブチンは美白成分として欠かせません!
今こそ高濃度のビタミンC誘導体、αアルブチンで、日焼けによるシミやそばかすを防いでいきましょう!

例えば、富士フイルムの「アスタリフトホワイト」は、独自のナノテクノロジーで、これからできて根付くかもしれないシミやそばかすを防ぎ、
さらにメラニンの生成を抑制して、これからのシミやそばかすも防いでくれます。

アスタリフトホワイト 美白トライアルキットはこちらです ↓↓↓



アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」は、皮膚の専門家が開発した美白化粧品で、安定型のハイドロキノン配合だから
頑固なシミから顔全体のくすみ対策に、モデルや有名人の愛用者の多い化粧品です。

あきらめていたシミやくすみが消え、透明感のある肌を取り戻してみてはいかがでしょうか?

アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルキットはこちらです ↓↓↓



まとめ

夏の日差し

夏に受けるダメージ肌には、乾燥と紫外線によるシミやシワ、たるみによるものがほとんどです。

夏は暑いからと言って、保湿ケアに手抜きをしたり、うっかり日焼けを招くこともありますが、
そのときになって焦らないように、日ごろから毎日のスキンケアを見直してみましょう!

冷房にあたる機会が多い人は、こまめに保湿ケアをし、肌内部の潤いをキープさせます。

また、日焼けしてしまった場合は、なるべく早い段階から保湿、美白ケアを行います。
その時も焦らず、まずはしっかりと水分を与え、無理な刺激を与えずパックやシートマスクで、
余分な角質を除去したり、美容成分を浸透させます。
肌が落ち着いてからは、美白ケアをしていきます。

肌を守るケアとしては、肌の外側からだけでなく、内側からのケアも必要です。
水分補給と栄養バランス、睡眠時間の確保も大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る