日傘は何色が効果がある?UVカットや遮光率と選び方のポイント

紫外線から美肌と髪を守るために、日傘の色は何色がいいのか?

一般的には黒がいいと言われているようだけど、本当にそうなのか?
色によって効果が違ってくるのか?

UVカット率や遮光率って何?どれを基準にして選べばいいのかわからないなどなど。

いざ購入しようとなると、悩むところですよね。

そんな、日傘選びのポイントなどについてご紹介していきますので、
ご参考になさってみてくださいね。

UVカット日傘の色による効果の違いは?

日傘の色は何色にしたらいいのか?

一般的に紫外線を防ぐのは濃い色で、黒や紺、青などといった色です。

日焼け止めにもあるように、色にも紫外線を反射するものと吸収して防ぐものとがあります。

理科の授業を覚えているでしょうか?

白は紫外線を反射し、黒は紫外線を吸収し通しにくくするということから、
黒の方が紫外線カット効果があるというのがわかります。

日傘 黒

ただ、黒だと吸収する分、熱がこもるので、夏だとかなり暑く、熱中症の心配が出てきます。
白やピンクなど淡い色なら、見た目にも涼しいのですが、そういった色を選びたいのであれば、
UVカット加工されたもの、UVカット率が高いもの(99%以上)がおすすめです。

UVカット加工というのは、紫外線を吸収・乱反射させる効果のある酸化チタンや特殊セラミックの微粒子が
繊維自体に織り込まれていたり、それらがコーティングされているものです。

日傘をさしたからといって、地面からの照り返しがあるため、それだけでは紫外線対策としては不十分です。

そんな場合は傘を一色にするのではなく、表と裏で色を変えてみるのも手です。
例えば、表地は白やシルバーで光を反射し、裏地は黒などの濃い色にすると、照り返しの紫外線を吸収してくれます。

生地の種類はポリエステル(透けないもの、ただし厚いと熱がこもる)、麻、綿などがよいですが、
それよりもUVカット率が高いものを選ぶようにします。

UVカット日傘の遮光率99%以上と100%の違いは?

UVカット 遮光

日傘を選ぶ際は、UVカット加工率の高いものということがお分かりいただけたと思います。

次に、良く見かけるのは遮光率ですよね。

この遮光率というのは、光(紫外線)をどれだけシャットアウトできるかというもの。

UVカット傘として販売されているものは、99%あればほとんどカットできると思われていますが、
その残りの1%が紫外線を通すことになります。
これは、傘布に手を当て、太陽に向けると手が透けることからわかります。
紫外線アレルギーの方は、たった1%でも反応してしまうでしょう!
そのような場合は、日焼け止めを塗る、長そでを羽織る、アームカバーをつけるなど、肌の露出を少なくします。

だから、せめて、99.99%以上であれば、遮光1級の生地を使っているという基準になります。

当然、一番いいのは、100%の完全遮光のものです。
傘布に手を当てても透けないので、これなら、100%紫外線をカットできます。
紫外線アレルギーなどがある人でも安心できますし、万全な対策をしたい方にはおすすめです。

UVカット日傘の選び方のポイント

日傘

日傘を選ぶとき、ついつい色やデザイン、価格に惑わされがちではないでしょうか?

日傘には寿命があり、一般的な日傘ですと、夏の日差しなどによって生地が傷んだり、UVカット効果が低下してくるため、
だいたい1~3年と言われています。

それ以降はUVカットスプレーなどを使うと少しは長持ちしますが、
シルバーやポリウレタンコーティングされたものは、
長く使っているとひび割れしてくるので、UV効果が低下してきます。

そこで、高いUVカット率と生地の素材や加工が重要になってきます。
ポリエステル(透けているものはダメ)、麻、綿で、UVカット率は99%以上のものにします。

たとえ、価格が高くても買い替えの必要のない、UVカット効果が永久持続できるもの、または半永久的なものがおすすめです。

そして、暑い夏には、熱中症を防ぐためにも、遮光率や遮熱率(99.99%~100%で清涼効果のあるもの)も考慮するとよいでしょう!
例えば、日傘の色は一般的には黒のような濃い色がいいとされていますが、暑い時期は熱がこもりやすいので、
白や淡い色でも黒と同等のUVカット率のあるものがよいです。

さらに、一年中使える晴雨兼用で、軽量でコンパクトな折り畳み傘ですと、バッグに忍ばせることもできますね。

まとめ

いかがでしたか?

今回はUVカットの日傘についてご紹介してみました。

日傘に寿命があることを知らなかったので、私自身も勉強になりました。

色も黒か白で迷っていたのですが、地面からの照り返しを考えると、色は濃いめの方がいいのかなと思っています。
一番いいのは、やはり表が白で裏地が黒のものですね。

日差しが強くなってくると、あわてて紫外線対策をしようとしますが、紫外線は一年中降り注いでいます。

紫外線が多くなってくるのは4月頃からです。

UVカット率や遮光率が高い日傘で、早めに紫外線対策をしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る