日焼けダメージを悪化させないための予防と肌を回復する食べ物とは?

気を付けていたつもりでも、うっかり日焼けをしてしまうことってありますよね。

例えば曇っているから大丈夫だろう…と油断していたり、こまめに日焼け止めを塗りなおしていなかったりとか…

日に焼けるとすぐ赤くなってヒリヒリしたり、かゆくなったりするのは、日焼けはやけどの一種だからです。

もし日焼けしてしまったら、やけどの手当と同じようにすぐに冷やします。
そして、皮膚のダメージを早く回復させるために、保湿などのスキンケアだけでなく、食べ物にも気を付ける必要があります。

日焼けを悪化させる食べ物に注意

ソラレン

肌のためには良いと思われている食品(フルーツや野菜)の中で、日焼けを悪化させる食べ物があるのをご存知ですか?

フルーツや野菜に含まれる光毒性物質の「ソラレン」を摂ると、紫外線に反応して体内に吸収しやすくしてしまいます。

ちなみにソラレンを多く含むフルーツには、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイ、イチジクなど柑橘系に多いのが特徴です。
また、フルーツの他にも、キュウリ、セロリ、パセリ、明日葉、大葉、三つ葉などにも含まれています。

きゅうり

ソラレンは摂取後約2時間でピークを迎えます。
最近は、グリーンスムージーがはやっていて、たいていの方は朝食代わりに飲んでいるかと思われます。
外出前に飲んでしまうと、ちょうど2時間後には紫外線を吸収してしまいますから、
美白や美肌のためにと飲んだり食べていたものが、かえって日焼けを促進してしまうなんてショックですよね。

ただし、ソラレンは約8時間程度で体外に排出されるため、夕方以降に摂るのであれば問題はありません!

このように朝食に、グリーンスムージーや柑橘系のフルーツやソラレンを多く含む野菜のサラダなどを食べる習慣のある方は、
時間をずらして、夕方から夜に食べるようにしてみましょう!

また、これらのフルーツや野菜にはビタミンCも多く含まれていて、肌の回復(美肌や美白)のためにも欠かせない成分でもあるので、
あまり怖がらずにその後のケアとして摂取するようにしましょう!

日焼けを予防する食べ物を摂取しよう

いちご

では、日焼けを予防する食べ物にはどんなものがいいのでしょうか?

まず、思い浮かぶのはビタミンCです。

しかも、ソラレンの少ないフルーツや野菜を食べるとよいです。

ちなみにソラレンの少ないフルーツには、イチゴ、リンゴ、スイカ、バナナ、桃、ブドウなどがあります。

ビタミンCを摂るなら、外出する前にイチゴを5~6粒食べるとよいと言われています。
ビタミンCは水溶性なので、水に溶けやすく熱に弱いため、
イチゴの食べ方としては、ビタミンCをを効率よく吸収させるために、ヘタを取らずに洗い、食後のデザートとして食べます。

また、ソラレンの少ない野菜には、トマト、レタス、大根、ゴボウ、カブ、カボチャなどがあります。

トマト

これらの野菜のうち、夏野菜の代表でもあるトマトには、リコピンという成分が紫外線を浴びることで増えるメラニンの生成を抑制する抗酸化作用で、
シミやソバカスを作らないようにする美白効果が期待できますので、積極的に摂りたいものです。

というわけで、グリーンスムージーを作るなら、ソラレンの少ないフルーツや野菜を組み合わせたもので楽しむとよいでしょう!

日焼けダメージを回復させる食べ物とは?

それでも、日焼けをしてしまった場合には、少しでも早くダメージを回復させたいものです。

日焼けはその程度にもよりますが、やけどの一種なので、まずは冷やして、乾燥させないために刺激の少ない化粧水などで保湿します。

そして、体の内側からのケアとしては、特にビタミンA、C、Eを多く含む食品を中心に、バランスのとれた食事を摂るようにするとよいでしょう。

・ビタミンA
レチノールとβ-カロテンが含まれ、皮膚の新陳代謝を促進し、皮膚の粘膜を構成する細胞を作り、美肌効果をもたらす。
不足すると肌荒れ、ニキビ、乾燥肌の原因に。
レバー、うなぎ、卵、ニンジン、ホウレンソウ、カボチャなど

うなぎ

・ビタミンC
アスコルビン酸と言う水溶性のビタミンで、水に流れやすく熱に弱い。
抗酸化作用でメラニン色素の生成を抑制し、シミ、そばかす、くすみが出来るのを防ぐ。
亜鉛と一緒に摂るとより効果が高まる。
ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、パプリカやピーマンなどの緑黄色野菜、レモン、オレンジなどの柑橘類、キウイ、イチゴ、アセロラなど

ブロッコリー

・ビタミンE
脂溶性のビタミンで、毛細血管の血流を良くし、強い抗酸化作用もあるため、肌荒れの改善や肌の老化を防ぐ働きがある。
ビタミンCと一緒に摂ることで最大限の効果をもたらす。
胚芽米、玄米、豆類、うなぎ、アボカド、アーモンドなどのナッツ類

アボカド

・亜鉛
新陳代謝を促す効果があるので、肌のターンオーバーを活性化する働きがある。
ビタミンCと相性がよく、一緒にに摂ることで相乗効果が。
牡蠣、海苔、しじみ、肉類、納豆

牡蠣

・タンパク質
肌はもともとタンパク質なので、肌のターンオーバーが活性化され、日焼けで傷ついた肌の回復が早くなる。
肉類・乳製品・魚類・卵・大豆

肉類

また、日焼け後のおススメの飲み物にはアセロラジュースがあります。

アセロラ

アセロラジュースにはビタミンCの他に、ポリフェノールや目の日焼けにもいいアントシアニシンも含まれ、メラニンの生成を抑えてくれます。
ビタミンCやポリフェノールは水溶性なので、こまめに摂取するといいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は日焼けしてしまった後の肌の回復のための食べ物を中心に書いてみました。

だけれども、ここまで読んだ皆さんからこんな声が聞こえてきそうです。

「紫外線の予防をする食べ物もわかったし、日焼けを回復する食べ物もわかった。
でも、こんなに多くの品目を摂るのは正直ムリ!」

そんな方には、「飲む日傘」と呼ばれる紫外線対策サプリもありますので、紹介しておきます。

この紫外線対策サプリの雪肌ドロップなら、簡単に紫外線対策ができますので、検討してみるのも良いでしょう!

関連記事

ページ上部へ戻る