これで解決!紫外線対策に必要な日焼け止めの選び方

紫外線対策 UVケアは毎日必要!

太陽の光

紫外線は肌に悪い、シミやシワを作り、老化を早めると言っても、あなたは毎日日焼け止めを塗っていますか?
「めんどくさくてしてない~」「天気の悪い日は大丈夫じゃないの?」「春夏だけでいいと思ってる」
そんなあなたは要注意ですよ!

確かに季節を問わず、出かけるときはいつも帽子やサングラス、日傘などで紫外線対策をしているっていう人はそんなに多くないですよね。
特に寒い季節にはパッタリ見かけなくなります。そこまで日差しが強くないですからね。

やっぱり、紫外線対策というと、春から夏の暑い時期になってくると気にするようになります。

確かに1年中日焼け止めクリームなどは販売されていますが、店頭に並んで目立つようになってくるのは暖かくなってきてからです。
日差しが強くなってくると、日に焼けて肌が赤くヒリヒリしますからね。
それにGWや夏休みもあって、ビーチやリゾート地に行く機会も増え、いつもより強い日差しで炎症しないようにすることはあっても、
それ以外の季節はあまり対策しなかったりします。

曇りの日

ついつい普段の曇りの日や短時間(洗濯物を干したり、近所のスーパーに買い物に行く、車の運転)くらいなら大丈夫と思っていませんか?

でも、太陽がある限り、紫外線は1年中地表に降り注いでいることを忘れないでください。

紫外線は殺菌や消毒、脱臭、カルシウムを吸収しやすくして骨を丈夫にするなど、いい面もありますが、
長時間浴びたり、放っておくと、シミやそばかす、皮膚がんだけでなく、乾燥やシワなど、お肌の老化をどんどん進めていきます。
いつまでも若々しい美肌や、透き通るような透明肌を保つには、毎日日焼け止めなどでケアしていく必要があります。

紫外線を浴びた後の肌の中で起きていること

夏の太陽

紫外線には主に2種類、UV-AとUV-Bがあります。

波長の短いUV-Bは、ガラス越しや曇りの日は紫外線を通しにくいですが、
天気のいい日に浴びてしまうと、肌に炎症を起こし、角質がむけて乾燥する、いわゆる日焼けしたり、
もっと長時間浴び続けることで、メラノサイトを刺激してメラニンが作り続けられるためシミを濃くしたり、
遺伝子を傷つけ、修復できないでいると最悪の場合、皮膚がんを発症しかねない怖いものです。

昔はこのUV-Bに気を付けていましたが、最近では、それよりも波長の長いUV-Aの方が曲者だということがわかりました。
UV-Aは、ガラス越しや曇った日でも簡単に通り抜けるため、油断しているとメラニンの量が増え、シミが濃くなります。
また、コラーゲンを分解するコラゲナーゼという酵素が活発になってしまい、肌の真皮にあるコラーゲンが切れて、
シワが増えたり、深く刻まれたようになってしまいます。
そして短時間であろうと容赦しません!
たったの10分で日に焼けてしまいます。

UV-Bは日に焼けると肌が赤くなるのでわかりやすいのと、まず室内や車内でそうなることはありませんが、
気を付けたいのはUV-Aの方です。
見た目の変化がわかりにくく、でも肌の内部で徐々に変化が起きているからです。

だからこそ、毎日のUVケアが必要なんです!

UVカット化粧品のSPFとPAの違いについて

ニベア日焼け止め

日焼け止めクリームなどのUVカット化粧品や美白化粧品など、日差しが強くなってくる頃には店頭に多く並んだりしますが、
種類が多すぎてどのようなものを選べばいいのか迷っていませんか?

表示を見ると、SPF20とかSPF50、PA++…となっていますが、この意味がいまいちよくわからなかったりしませんか?

まず、SPFですが、(Sun Protection Factor サンプロテクションファクター)の略で、
紫外線防止指数とも言います。
紫外線UV-Bをどれだけ防げるかという目安を表す数値で、
紫外線を浴びた時に肌が赤くなるまでの時間を、素肌の時より何倍長くできるかを表したものです。
例えばSPF30の日焼け止めを使った場合、肌が赤くなるまで30倍長くすることができるということです。
つまり20分かかる人だと20×30=600分、10時間程度の日焼け防止効果が期待できるということです。

商品としては、SPF10からありますが、現在最高値は50までが限界となっています。
最高が50だからそれがいいと思われますが、実際のところ30以上あれば、大差ないと言われています。

アネッサ日焼け止め

次に、PAですが、(Protection Grade of UV-A プロテクショングレイド オブ UV-A)の略にもあるように、
まさにUV-A防止指数のことを言います。
SPFが肌が赤くなる原因を防ぐ数値であるのに対して、PAは肌が黒くなる原因を防ぐ能力となり、
PA+…のように+で表します。

PA+    :PA2以上4未満でUV防止効果がある。
PA++   :PA4以上8未満でUV防止効果がかなりある。
PA+++  :PA8以上でUV防止効果が非常にある。

2013年の1月からは、PA++++まで表示できるようになり、UV防止効果が極めて高いものもあります。
それだけUV-Aがお肌にとって有害で、紫外線をしっかり防ぎたいというニーズが増えたからなんですね。

今まではSPFの方に注目していましたが、これからはPAの数にも注意して、UVカット化粧品を選ぶようにしましょう!

UVカット化粧品を選ぶ際の目安とは?

紫外線対策は毎日のケアが必要、UVカット化粧品は、SPFの数値とPAの数をチェックするということがわかりました。

そこで、実際に日焼け止めクリームを購入するときに、いろいろ迷ってしまうと思います。

SPFの数値が高くてPAの+の数も多いものが効果があるからといって、すべての場面で使うことは避けたいです。
なぜなら、SPFやPAが高い日焼け止めは、紫外線防止効果が高くなる反面、肌への負担がかかってしまうからです。

ラロッシュポゼ日焼け止め

例えば、室内で過ごす、ゴミだし、洗濯物を干す、近所での買い物、通勤・通学、車の運転、短時間のスポーツなど、
日常生活で浴びる程度なら、SPFやPAが高いものではなく、SPF15~20、PA++を目安にするといいですよ!

それ以外の、海水浴・プール、山などのリゾート、長時間のスポーツなどは、紫外線を浴びる時間が長いことを考えると、
SPF30~50、PA+++またはPA++++を使うなど、用途に合わせて使い分けます。

紫外線対策に UVカット化粧品の選び方のまとめ

日焼け止めクリーム

紫外線には主にUV-AとUV-Bがあります。
UV-Bは波長が短いが、シミやそばかす、皮膚の炎症、黒くなったり、長く浴び続ければ遺伝子を傷つけ、最悪の場合皮膚がんを発症します。
UV-Aは波長が長く、曇りの日でも室内にいてもガラス越しに浴びていることになるので、毎日のケアが必要になってきます。
油断していると、シミが濃くなる原因になったり、シワやたるみなどの肌の老化を進めることになります。

このことから、紫外線対策はこの2つをしっかりとガードすることが大切です。

紫外線は毎日降り注いでいます!
夏の暑い時期や、海や山などのレジャーや屋外でのスポーツ時だけでなく、普段から日焼け止めクリームを塗りましょう!

UVケア商品を購入する際は、表示されているSPFの数値はUV-B防止、PAの数はUV-A防止するもので、この両方をチェックします。
数値が高いものが必ずしも良いとは限りません!
なぜなら、数値が高いものは紫外線を防止する効果は高くても、肌への負担が大きいので、肌トラブルを起こしかねないからです。

日焼け止めを塗る

室内やちょっとした外出の場合は、低い数値でも構いません!
海や山などのレジャーや屋外でのスポーツ時など、紫外線を長く浴びそうなときは、数値の高いものを使用するなど、
用途に合わせて使い分けましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る