大人の夏の毛穴 原因と正しい対策方法

汗ばむ季節になってきましたね。
私もそうなんですが、この時期のお肌の悩みといったら毛穴問題ではないでしょうか?

暑くなると毛穴の開きが目立つので気になります。

夏の日差し

それに夏のお肌は汚れがち!
というのも、汗でべたつきが気になったり、皮脂が過剰に分泌されるのもそうですが、
日焼け止めやメイクなどの油分も加わるからです。

きちんと汚れを落とさないでいると、皮脂や汚れが角栓となって毛穴に詰まり広がっていきます。
さらにそれらが酸化してくると茶色くなったり、だんだん黒ずんできます。

特に、暑い夏は毛穴が開いてくるのでその黒ずみが余計に目立って見えるんですね。

そうならないために、正しい毛穴対策法を知って、夏の毛穴問題を解決しませんか?

夏の毛穴汚れの原因は?

毛穴が気になる

夏になると毛穴が汚れやすいというのは、どいういうことなのでしょうか?

夏は気温も湿度も一年で高い時期なのでどうしても皮脂の分泌量が増えてきます。

そのうえ、夏は紫外線対策で日焼け止めクリームを塗ったり、化粧下地、ファンデを重ねることで、
いつも以上にお肌は油分の多い状態になります。

さらに自らの皮脂分泌も盛んになっているため、過剰に分泌されることで、毛穴の出口が押し広げられて大きく開いてしまいます。

でもそれだけじゃないんです!

過剰な皮脂分泌だけが毛穴の問題かと思いきや、肌の乾燥が原因で毛穴が目立つということもあるんです!

私のようなアラフォー世代は肌の乾燥が圧倒的な悩みですが、
この時期、鏡を見ると、毛穴が開いている!しかもたるんで見える!ことがよくあります。

どうして肌の乾燥が毛穴を目立たせるのか?
夏なのに肌が乾燥するってどういうことなのか?

乾燥によって肌が潤い不足になると、肌が危険を感じ皮脂を過剰に分泌するようになります。
また、肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が落とされにくくなるので、毛穴に詰まった皮脂や汚れがそのままになり、
酸化して黒ずんでくるからです。

さらに、乾燥により肌のキメも粗くなり、ハリ感も低下するので、肌全体が下がるのと同じように毛穴も下がり、
たるみ毛穴の原因になってしまいます。

インナードライ

夏に肌が乾燥する原因は、エアコンの影響で、実はインナードライになっていることがあるからです。
それなのに、夏はべたつきが気になるということで、スキンケアの手間を省いて、化粧水だけで終わらせたり、
さっぱり感のあるものを選びがちです。
しっかり保湿するという意識が薄れている場合もあるので、夏こそしっかり保湿することが大切なんですね。

そして、何よりも、夏のお肌は皮脂や汗、日焼け止めやメイクなどで汚れがちなので、クレンジングと洗顔にも気を付けたいです。

夏の毛穴は洗顔(クレンジング)と保湿 正しいお手入れ方法

このように夏になると毛穴トラブルが増えてきます。

普段は気にならなくても、夏になると毛穴が目立ってくるのは正しいお手入れをしていないからだと思われます。

良くありがちなのは、夏は、ベースメイクが厚塗りになっていませんか?

私もそうですが、夏は日焼け止めが欠かせませんし、そのうえ化粧下地にファンデやパウダーなど、油分たっぷりのメイクをしがちです。
さすがにこれを放っておけば、酸化して毛穴が茶色くなったり、黒ずんできます。

ウォータープルーフの日焼け止め

また、最近の日焼け止めは効果の高いものや、夏は特に汗や水に落ちにくいウォータープルーフのものを使用しますが、
これらは落としにくかったりするので、専用のリムーバーで落とすか、クレンジングをしっかりしないと肌に残ってしまう場合があります。
肌に残ると毛穴を詰まらせる原因になってしまいますので、毎日丁寧に落としましょう。

その際に、ゴシゴシこすって落とそうとしますが、毛穴の汚れはこすっても落ちません!
また、毛穴パックを使うのは、はがすときにかえって刺激になり、毛穴を詰まらせたり、傷つけたりしてしまいます。
毛穴の汚れは無理に落とすのではなく、正しい方法でお手入れすることが大切です。

そこで私のおススメはホットクレンジングゲルです。

マナラホットクレンジングゲル

手に取るとほんのり温かいクレンジングを肌の上で優しくクルクルマッサージするようになじませます。
そうすると、ゲルの温かさで毛穴が開き、その奥の汚れをからめとってくれます。
すすぎは32℃くらいのぬるま湯で丁寧に洗い流します。(かなりぬるい、手で触って少し冷たいくらい)
この32℃というのは洗顔の適温と言われていて、汚れや皮脂が落ちやすくなり、
これ以上高いと肌に必要な皮脂が取れ過ぎてしまい、乾燥やシワの原因になってしまいます。

クレンジング洗顔

もともと乾燥やお肌が敏感な方は、25℃くらいの水でもいいかもしれません!
何回か使っているうちに毛穴の汚れはすっきりしてきますよ。

そして、洗顔後のスキンケアですが、夏は暑いからと言って、化粧水だけで終わり!にしていませんか?
しかもさっぱりタイプのものを使いたくなりますが、さっぱりタイプのものは、もともと脂性肌の方や、
大人ニキビが気になるときにはいいかもしれませんが、アラフォー世代は、夏でもしっとりするものを使うことをおススメします。

なぜなら、夏はベタベタして湿気はありますが、エアコンの影響などでお肌の奥の方は乾燥が進んでいたりします。
実は潤いが不足すると、余計に皮脂が分泌されてしまうので、毛穴を詰まらせてしまいます。
化粧水だけで終わらせてしまうと、肌の奥まで潤いを閉じ込めておくのは難しいので、
やっぱり、化粧水の後はクリーム、せめて乳液でしっかりと潤いをキープさせたいものです。

大人の夏の毛穴対策 まとめ

スキンケアと保湿

大人の夏の毛穴対策として、肌を乾燥させないことです。
夏はエアコンの影響もあるため、インナードライになりがちです。
肌が乾燥すると、過剰に皮脂が分泌されるため、毛穴を詰まらせ、目立たせるだけでなく、
ハリや弾力も低下し、たるみ毛穴の原因にもなります。

また、夏の肌は、日焼け止めや化粧下地、ファンデなどベースメイクが厚塗りになりがちなため、
毛穴に汚れが溜まりやすくなります。

さらに、最近の日焼け止めは効果を高めるため、汗や水に落ちにくいものが増えています。
それらをしっかりと落とさないと肌に残り、毛穴を詰まらせる原因になります。

このように夏は皮脂や汚れが溜まりやすいので、スキンケアは手抜きせずにいつもより入念に洗顔と保湿を心がけます。

関連記事

ページ上部へ戻る