ネイルで爪がボロボロな方への対策方法(naillyとは?)

爪のトラブルは、女性の悩みの一つでもあります。

顔と同じように、指先も人目につきやすい場所なので、うっかりケアを忘れて恥ずかしい思いをしてしまいます。

いつまでも、健康で美しい爪でいるためには、どうすればいいのでしょうか?
爪がボロボロになってしまう原因と、その対策方法についてご紹介していきます。

ネイルで爪がボロボロ その原因とは?

爪が弱くて割れやすいと、洋服にひっかかたり、ネイルを長く楽しめなかったり。
せっかくおしゃれしたのに、爪がボロボロでは台無しになってしまいますよね。

見た目の印象を左右してしまう指先のダメージ(割れてる、柔らかくなる、縦線、ささくれなど)があると、手を見られるのも恥ずかしい…

そんな爪が割れる最大の原因は「乾燥」です!

爪にもキューティクルがあり、乾燥すると硬くなってしまうため、きれいな爪がスムーズに生えてこなくなります。
特に、ネイルをよくする人や、水仕事をよくする人は爪が乾燥しやすいです。

マニキュアやジェルネイルを落とす際に、除光液を使いますが、その除光液の成分が爪の油分と水分を失い、乾燥の原因になります。

水仕事の場合も、洗剤の刺激によっては、爪の油分と水分を失いやすい状況にあります。

他にも、爪は健康のバロメーターとも言われているように、栄養不足、冷え性などによる血行不良、加齢に伴って、
爪が変色したり、割れたり、弱くなったり、表面の凸凹や、縦や横にスジができることで今の健康状態などがわかります。

ボロボロでなく健康で美しい爪(ネイル)になるための対策方法

これ以上爪をボロボロにしないために、強くて健康で、美しい爪にするには、毎日のこまめなケアが必要になってきます。

爪がボロボロになる原因の一つである「乾燥」対策には、ネイルケアをすることです。

保湿を心がけるため、爪を切る際は、爪をぬるま湯につけてふやかしてから切るようにします。
(お風呂上がり後すぐがベストタイミング)
爪が乾燥したまま切ってしまうと、二枚爪になりやすくなります。

そして、爪切りでカットしますが、爪は3層でできているので、1~2ミリ程度端からカットするようにします。
カットした後はそのままにせず、断面を必ずヤスリで形を整えます。
ヤスリをかけないと、断面の凸凹が衣類などに引っかかって、爪がボロボロになってしまいます。

さらに、爪表面に潤いを与え、つややかに仕上げるために、ネイルケアアイテムなどを利用します。
爪表面専用のリムーバーや、爪表面の細かい傷を磨く道具(バッファー)、ネイルオイルやクリームなどでケアします。

ささくれがある場合は、ピンセット型のニッパーで取り除きます。
放っておくと、衣類などを引っかけてしまったり、汚れやバイ菌が付着してしまいます。
ただし、無理矢理むいてしまうと、傷口が広がって痛くなりますので、ニッパーをおすすめします。

最後に、爪もみという爪の生え際を軽くマッサージすると、血行も良くなり美しい爪が映えやすくなります。
そして、ハンドクリームをつけるときは、爪の先までしっかりとつけるとなおいいですよ。

ネイルケアの他には、

水仕事をする際はゴム手袋をするようにします。
そして、ぬるま湯で、洗剤は少なめにし、刺激の少ないものを使用するようにします。

また、爪は、ほとんどがタンパク質の一種であるケラチンという成分で構成されています。
卵や、豆腐、納豆などのタンパク質をきちんと摂ることはもちろんのこと、亜鉛(牡蠣、レバー、チーズなど)も一緒に摂りたいものです。

ネイルケア専用唯一のサプリメント nailly(ネイリー)とは?

nailly(ネイリー)

「爪を乾燥させない」ことが重要なのですが、ネイルケアでしっかり保湿したり、食べ物に気をつけていても、
何度も繰り返すような場合は、爪に栄養が行き届いていないからかもしれません。

そんなときは、サプリメントを利用するとよいでしょう。

ネイルケア専用のサプリメントは今まではなかったのです。今回、満を持しての登場なので紹介させていただきます。

nailly(ネイリー)は、植物性シリカで爪トラブルを内側からケアする、
飲むだけの超簡単ネイルケアで、爪に潤いを与え、補修し、輝きを取り戻してくれます。

爪の栄養のためにタンパク質や亜鉛の摂取はもちろんですが、それでも改善されない場合は、シリカ(ケイ素)が足りないから。

シリカ(ケイ素)は、コラーゲンやコラーゲンを支える肌の弾力をもたらすエラスチンを束ね結着剤として活躍しているミネラルです。
肌の細胞の隙間を埋めるため保水力をアップさせ潤いを保ち、コラーゲンやエラスチン生成のサポートをしています。

このシリカが不足していると、コラーゲンやエラスチンの生成が滞り、バラバラになってしまうため、肌や髪、爪などのトラブルの原因になります。
シリカがあれば、健康的な美しさ、本来の自分を取り戻せます。

ただし、シリカ(ケイ素)は体内では作られないミネラルであることと、毎日40mgほど失われていきます。
また年齢が進むにつれ、消費量も増していくため、それに合わせてシリカ(ケイ素)を積極的に摂取する必要があります。

つまり、人は年齢で老化するのではなく、シリカが不足することで老化が始まるとも言われています。

このシリカ(ケイ素)40mgを食事で摂ろうとしたら、白米で大盛り80杯16kg、玄米で大盛り8杯1.6kg、リンゴ大玉約50個15kg、
昆布1.5kg、牛肉8kg、豆腐25丁7.5kgととんでもない量になるため、手軽に摂取できるのが、サプリメントのnailly(ネイリー)です。

しかもnaillyなら、植物性のシリカだけでなく、8種類の美容成分(すべてが天然由来)が含まれているので、
爪だけでなく、髪や肌にもうれしいことが起こります。
例えば、見た目が潤っていて、すっぴんでも輝いて見えますし、肌の露出にも自信が持てるようになります。
また、髪にハリやツヤも出てフサフサにもなりますよ。

1日たったの6粒のnaillyで、40mgのケイ素を簡単に摂ることができます。

naillyを飲み続けることで、爪が割れにくくなったり、ツヤが出てきて、ジェルネイルができるようになります。
ささくれもキレイに治ったりして、ネイリストにも褒められます。
そんな驚きの結果に、話題沸騰、口コミでも拡散されているため、注文が殺到中です!

しかも、naillyには定期縛りがありませんので、1回でも解約OKなんです!
解約方法は簡単で、フリーダイヤルに電話するだけでしつこく引き留めるという感じはありません。(筆者体験済み)

ネイル専用のサプリメントは他にないので、ネイルケアを真剣に考えている方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?
指先は人目につきやすい場所でもあり、そんな細かい部分にまでおしゃれを楽しみたい方にはぜひおすすめです。

nailly(ネイリー)の詳細はこちらからです ↓↓↓

まとめ

今回はネイルなどで爪がボロボロになる原因と対策について書いてみました。

健康的で美しい爪を保つには、乾燥させないために、普段からネイルケアをしておくことと、
バランスのいい食事を摂ることが大切だということがわかりました。

爪の栄養となるのは、タンパク質と亜鉛と、シリカ(ケイ素)というミネラルです。
特に、シリカ(ケイ素)は体内では作られないのと、年齢とともに多く失われていくため、積極的に補うようにします。

食事で摂るのが難しいので、手軽に摂取できる方法として、ネイルケア専門のサプリメントの「nailly」を合わせてご紹介しました。

指先は人目につきやすい場所なので、いつも健康的できれいな爪でおしゃれを楽しみたいものですよね。

ぜひ、ご参考になさってみてください。

nailly(ネイリー)の詳細はこちらからです ↓↓↓

関連記事

ページ上部へ戻る