思春期ニキビの原因と男子向けの洗顔料・化粧水 跡ができたら皮膚科へ

子供のニキビでお悩みの方も多いかと思います。

特に中学生くらいの男子となりますと、ニキビができると恥ずかしいけど、どうやってケアしたらいいのかわからないでいます。
それに、この時期は面倒くさがり屋でもあるため、できるだけ簡単に自分でもケアできるものがいいです。

まずはニキビができる原因を知って、これ以上できないようする予防対策と、治し方、
おすすめのニキビケア商品についてご紹介していきます。

思春期ニキビ 男子の場合の原因について

思春期男子

思春期はだいたい小学校高学年から高校生までのことを言います。

この期間の男の子は、声変りなどをはじめ、身長がグンと伸びるようになったりと、体の変化が始まるときです。

そして、中学生時代の男の子は、ニキビがもっとも活発に発生する時期で、ニキビのピークになる人も多く出てきます。

成長期に伴い、成長ホルモンが多く出るようになり、それによって刺激されたくさんの脂が出るからです。
男の子に多いオイリー肌も、この脂によって毛穴に汚れが詰まりやすくなり、ニキビの元となるアクネ菌繁殖してしまいます。
人によっては、顔中がニキビだらけになったり、ニキビの赤みが目立つようなったり、
クレーターのようなニキビ跡で肌が凸凹と重症化することもあり、とても厄介な思いをします。

ニキビのピークは成長の速度や本人の体質などでそれぞれ異なってきますが、ほとんどの人が思春期の間にニキビを経験することになります。

そこで、思春期ニキビの原因と改善策を知り、予防とケアに役立てるようにご紹介していきます。

思春期ニキビの原因

①成長ホルモン

男子の成長期

体の成長に伴い、成長ホルモンが多く出る時期なのでそれによって、肌が刺激され皮脂が多く分泌されるようになります。
それが毛穴につまり、その汚れや脂がアクネ菌のエサとなり、ニキビのもとをどんどん増やしてしまいます。
アクネ菌を取り除き、洗顔することが大切です。
特に男子は男性ホルモンの関係で、女子より皮脂の分泌が多く、オイリー肌になることが多いです。

②新陳代謝が活発

運動

この時期は新陳代謝も活発で、運動することも加えて汗をかきやすくなります。
汗をそのまま放っておくと汚れや菌がニキビの原因をもたらします。
こまめに汗をふきとり、洗顔することが大切です。

③食生活

揚げ物

男子は、肉や揚げ物、ポテトフライなどのあぶらっこい食べ物を多く摂りがちで、そういったものばかり食べていると、
皮膚から多くの脂が分泌されます。
この脂によって肌に汚れがたまったり、菌が多く繁殖して、ニキビができやすくなります。
また、チョコレート甘いものや、発汗作用のある刺激物も、ニキビが増えてしまう原因となりますので、
思春期は脂もの、甘いもの、刺激が強いものはなるべく控えるようにしましょう。

④睡眠

睡眠不足

寝不足は肌を弱めてニキビの原因になります。
成長ホルモンンは夜の10時から2時までの間に出ると言われています。
そしてこの時間帯は肌だけでなく体の修復時間でもあるので、この時間帯にしっかり睡眠をとらないとニキビなどで傷んだ肌を修復することができません。悪化する場合もあります。
肌だけでなく、健康面においても睡眠時間の確保は重要なことです。

⑤ストレスや疲れ

ストレスや疲れ

ストレスもニキビの原因となります。
ストレスがあると、ホルモンバランスが崩れてしまい、それによって皮脂が多く出てしまいます。
皮脂が多く出るとニキビが発生しやすくなりますので、精神的なストレスや疲労をためないようにします。
このホルモンバランスの崩れはニキビだけでなく、肌荒れや乾燥の原因にもなります。

思春期ニキビ 男子におすすめの洗顔料と化粧水

次に、予防してもニキビができてしまった場合の、改善策とおすすめのニキビケア商品についてご紹介していきます。

思春期男子のニキビの改善策

思春期の男の子

思春期男子のニキビは、重症化しやすく、治りにくかったりします。
基本的なニキビケアだけでは足りず、皮脂のコントロールも必要になってきます。

皮脂のコントロールというのは、皮脂はすべて取り除けばいいことではありません。
皮脂は肌を守るバリア機能の役目もあるため、皮脂を取り除いた乾燥した肌を守ろうと、余計に皮脂を出そうとするため、
皮脂の過剰分泌を起こしてしまいます。

一般的なニキビケア商品には、過剰に皮脂を取り除こうとするものが多いので、
肌が乾燥しやすく、余計に皮脂を分泌しやすくなり、ニキビを悪化させたり、繰り返したりします。

だから皮脂は取り過ぎず、適量にしておくことがニキビを防ぐことにつながります。

今までなかなか治らなかった男子特有の頑固な思春期ニキビには、こういった皮脂のコントロールができるニキビケア商品こそが理想です。

ファーストクラッシュ

まずニキビケアでもっとも大事なのは洗顔です。

中学生男子はずぼらだし、まだスキンケアのこともピンとこなかったり、面倒くさがったりします。
水でパパッと洗ってしまっているだけかもしれません!
それでは表面の汚れだけしか落とせず、毛穴に詰まった皮脂や汚れは落ちていません!
そのような洗顔を続けていると、雑菌(アクネ菌)の繁殖を促してしまいます。

そんなめんどくさがり屋の中学生男子におすすめの洗顔料は、ファーストクラッシュです。

ファーストクラッシュなら、これ1本で、洗顔だけでなく、美容成分が入っているので、保湿とトリートメントもできてしまいます。
これなら、洗顔のあとにニキビケアに大切な保湿のために化粧水などをつけるという手間も省け、一度にケアできてしまうのでとっても簡単!

皮脂コントロールができるから、今まで使っていた洗顔料をファーストクラッシュに変えたら、ニキビがよくなったり、できにくくなったという口コミもあります。
原材料が厳選されているため、肌に優しい成分でできているので、ニキビに効き目があっても肌へのトラブルはありません。

ファーストクラッシュの詳細はこちらからです ↓



ファーストクラッシュだけで、スキンケアも完了しますが、
それだけでは物足りない、赤く腫れあがったものや跡ができてしまっている中度から重度のニキビケアには、
男性用ニキビケアジェルクリームのスクリーノがおすすめです。

一般的な女性向けのニキビケア化粧品とは違い、皮脂量の多い男性向けに開発されたもので、肌を殺菌、保湿しながら、
根本的にニキビができにくい肌環境を作ってくれます。

グリチルリチン酸ジカリウムは 天然の甘草(カンゾウ)から抽出した成分で皮膚の中で繁殖した菌を殺菌し、
肌の奥に潜んでいるアクネ菌まで浸透していき 特有の殺菌成分により直接、ニキビの原因を減らしていきます。
菌を減らしていくことでニキビができるのを根本から防いでくれます。
男性のニキビによく見られる 頬、あご、おでこのニキビの赤みがかった部分に 直接塗ることでより効果的に成分が働きかけます。

プラセンタの作用が皮膚を保護し、 さらに、男性ホルモンの過剰分泌や乾燥により 乱れた皮脂分泌量を正常に保ってくれ、
その結果、新しくできるニキビを防いでくれます。
また、保湿成分が肌を外部の刺激から守り、 乾燥や雑菌の侵入を防いでくれます。
水分と油分のバランスを整え、肌の潤いを保ってくれます。

テレビのCMなどで有名な外国製のニキビケア化粧品や 一般の洗浄力が強いニキビケア商品とは違い、
低刺激なので、ニキビを悪化させるような肌荒れやかゆみはありません!

さらに、ニキビが治った後に残る、赤みや黒ずみによる肌の色も、美白成分が入っていることで目立たなくさせます。

男性用ニキビジェルクリーム スクリーノの詳細はこちらからです ↓

思春期ニキビ

思春期ニキビが跡になってしまったら皮膚科に

赤みが強い思春期ニキビを放っておくと、色素が沈着して茶色から黒ずんで来たり、
肌の真皮まで傷つけてしまい、肌表面が凸凹してきます。
それが時間が経つとともにクレーターのようになってしまいます。

そうなると、いくらニキビケアをしてもなかなか治らないですし、時間もすごくかかります。

そうならないために、早いうちから皮膚科でニキビ治療薬(ディフェリンゲルやダラシンゲルなど)を処方してもらいましょう。

ディフェリンゲル

ダラシンゲル

さらに、ピーリングという方法もあります。
ピーリングは肌の表面の古い角質を薬を使って無理やりはがしてターンオーバーを促すものです。
はがされた皮膚は角質層が薄くなっているため、保湿機能が一時的に低下し、バリア機能も低下するため、
しっかり保湿ケアしないと乾燥によってかえってニキビを悪化させてしまうこともあります。(肌が敏感な方はできません)

基本的には思春期ニキビは肌のターンオーバーが正常なため、ピーリングをする必要はありませんが、
どうしてもニキビ跡ができてしまった場合、肌がクレーターのように凸凹してしまった場合に限ってはピーリングのほうが早く治ります。
肌の真皮まで傷つけて変形してしまうと、肌のターンオーバーだけではなかなか治らないため、この方法が有効になります。

そうはいっても、思春期の時期は勉強や部活が忙しい時期でもあります。
なので、皮膚科や美容クリニックなどに通えなかったり、ましてや女性の患者さんが多い中、
思春期の男子は行きたがらないと思います。

そういった場合、セルフケアの最終手段として、ビーグレンのニキビ跡ケアをおすすめします。

beglen acne care

ビーグレンは、医学会が認めた独自の浸透技術QuSome(キューソーム)を採用し、ニキビケアに必要なスキンケア成分を角層の奥まで届けると同時に、
肌の中に長時間留まり、効果を持続させてくれます。
しかも性質が変化しやすい成分も安定した状態で届け、肌に優しい成分を効果的に肌に浸透させます。

その結果、肌の土台がしっかりしてくるので、ターンオーバーも正常になり、肌の真皮まで傷つけてしまったようなクレーターニキビにも
効果が期待できます。

ビーグレンは思春期の男の子に使うのはもったいないような気がしますが、クリニックの治療費や時間のことを考えると
気軽にケアできるので、検討してみてもいいのではないでしょうか?

ちなみに、ビーグレンのニキビ跡ケアには、格安価格でトライアルセットがありますので、息子さんのお肌に合うかどうか、
まずはお試しになってみてはいかがでしょうか?

ビーグレンのニキビ跡ケアの詳細はこちらからです ↓



まとめ

中学生男子

いかがでしたか?

思春期ニキビの原因は、成長ホルモンに刺激されて出る脂のことです。
特に、男の子のほうが男性ホルモンの性質上、皮脂量が多くオイリー肌になりやすいです。

男子はずぼらなので、スキンケアの仕方がわからなくて、適当に済ませるか、放っておいたりすることが多いです。
ニキビケアをしているつもりでも、一般的なニキビケア商品は女性向けなので、
もともと皮脂量の多い男性には向いていないものが多いです。

個人的には、ニキビ用洗顔から保湿までしてくれるファーストクラッシュがおすすめで、
赤みが強い、ひどくなったニキビにはそれにプラスして、スクリーノを使えば、余分な皮脂を取って肌に潤いも与えてくれるので、
適度に皮脂コントロールができ、その後のニキビができにくい肌状態を作ってくれます。

さらに、跡になってしまった場合や、ひどくなる前に何とかしたい場合は、皮膚科で相談してみましょう。

とにかく、脂を取って、ニキビを予防するには洗顔が一番!
新陳代謝が活発になる時期だからこそ、汗はマメにふき取りましょう!
そして、脂っこいもの、甘いもの、刺激物は控え、睡眠時間をたっぷり取り、ストレスや疲れを残さないようにすることを心掛けましょう!

そうすれば、頑固で治りにくい男子の思春期ニキビも改善されるはずです。

こちらの記事もご覧ください ↓
ニキビ跡の種類とケアの仕方|おすすめの化粧品はコレ!

関連記事

ページ上部へ戻る