水素水で若返り!健康と美肌に効果があるって本当?!

最近何かと話題になっている水素水。
医療業界で注目を浴び、雑誌やテレビなどのメディアでも頻繁に取り上げられるようになってきましたし、
美容や健康に人一倍気を遣っているモデルや有名人の間でも水素水を愛飲している人が多いようです。

体にいいから、美容のため、アンチエイジングのため、ダイエットのため…などという理由が挙げられますが、
そもそも水素水に含まれている水素に、どのような効果があるのでしょうか?
また、体に水素を摂りいれることは、安全なのでしょうかか?副作用などはないのでしょうかか?
などということについても調べてみましたので、ご参考になればうれしいです。

水素水とは何か?

水素水

簡単に言うと、水素が溶け込んだ水のことです。

水素そのものは、無色の気体で非常に軽く、無味無臭なので人体には無害です。

また、水素分子は宇宙で一番小さいので、毛細血管の中にも入り込み、血液をサラサラにしたり、
体の細胞のすみずみまで行き渡らせることができます。

老化=酸化(活性酸素)と若返り=還元(活性水素)

錆びる

よく耳にする酸化とは、酸素と結びついて、錆びていく現象、腐敗していく現象、体が老化していく現象のことを言います。
一方、還元とは、水素と結びついて、新鮮な状態が保たれる現象、元の形や状態、性質にもどす現象、水素と化合する現象のことを言います。

私たちが生きていくうえで、酸素は呼吸や栄養を運ぶのにとても重要です。
ところが、細胞内にあるミトコンドリアというところで、酸素を利用し、栄養素を分解し終えた後は、活性酸素を発生してしまいます。

活性酸素には善玉と悪玉の2種類があり、善玉活性酸素は、体外から侵入してきた細菌やウィルスを、白血球とともに攻撃して除去してくれます。
免疫作用をもつ重要な物質です。

シミ

反対に悪玉活性酸素が過剰に体内に蓄積されてしまうと、
正常な細胞や遺伝子を傷つけ、体内にある不飽和脂肪酸と結合して、
体の細胞を酸化させる(シミやシワなどの老化、がんや糖尿病、脳梗塞などの病気など)原因になると言われています。

このように詳しく見てみると、活性酸素はすべてが悪者ではないんです!
注意したいのは悪玉活性酸素で、これは除去しないといけません!
そこで注目を浴びているのが水素なんです!

活性酸素に対して活性水素と呼ばれていますが、この水素が体内に入ると、素早く活性酸素と結びついて中和(還元)してくれます。
特に酸化力の強い悪玉活性酸素の「ヒドロキシルラジカル」だけを除去するというのがポイントで、
同じく抗酸化力の高いポリフェノールやビタミンCやE、βカロチンなどは善玉活性酸素まで除去してしまいます。

水素で還元

つまり、体の細胞を若返らせるなら、水素(活性水素)がもっとも有力だということです!

水素に関する研究は続行中ですが、水素は老化やダイエット、美容だけでなく、病気の救世主ともなりそうです。
水素のはたらきで体の中の細胞が活性化され、代謝機能もアップ、血液もサラサラになります。

最近の研究では、血液透析用水に水素水を使用することで透析患者の慢性炎症、酸化ストレスを抑制することが分かったり、
脂質代謝異常の改善や耐糖能異常の予防に有益であるということもわかってきていますよ。

活性水素の効果や効能、副作用について

水素水と美容

活性水素を摂るとどうなるか?
最近の研究でわかっていることだけでも、健康・美容・ダイエットに効果や効能が期待できると言われています。

健康面においては、細胞を破壊したりDNAを傷つけることで、さまざまな病気を引き起こす活性酸素を、
効率よく排除してくれる抗酸化物質として、水素が最も優れていることがわかってきています。
例えば、水素が体内で増えると熱エネルギーを発して体温が上がります。
体温が上がれば免疫力もアップするので、いろいろな病気に対して抵抗力がつきます。
また、血液をきれいにする作用があり、ドロドロからサラサラになるため、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化などを予防します。

美容に関しては、加齢や外的刺激(喫煙、暴飲暴食、紫外線など)による肌への影響も活性酸素のしわざと言われています。
アンチエイジングにはポリフェノールやビタミンCやE、βカロチンの摂取をすすめていますが、
それよりも効果が期待できそうなのは水素と言われています。
水素にはお肌を再生するチカラがあります。
お肌以外にも皮膚や骨、毛髪、歯、爪など細胞の生成を助けてくれます。

水素水とダイエット

さらに、ダイエットの分野でも活性水素の効果が期待されています。
モデルさんが水素水ダイエットをしているように、活性水素を含んだ水を飲むことで、
脂肪燃焼や腸内にある善玉菌を増やして悪玉菌を減らすため、腸内環境が整ってくるため、便秘の解消につながります。

このように水素は体の細胞を還元し、人体にも無害と言われていますが、本当に副作用のような影響はないのでしょうか?

水素は厚生労働省に食品添加物として認可されているので、基本的には体に悪いというようなことはありません!
ただ、認可後も継続的に検査は行われています。

体内に摂取された水素は、酸素と結合して水に変化します。
これは中学や高校の化学の授業でやりましたよね(^_^;)
水素水を多く飲んでしまった場合でも、反応しなかった分は呼吸や尿として体外に排出されるので、心配はありません!

水

あくまでも水素を多く含んだ水なので、摂取することでトイレが近くなるということはあります。
水素にはデトックス作用もあるため、一時的にお腹がゆるくなる場合もあるようです。
だから一度に大量に摂取すれば、体内の電解質バランスが崩れてしまう場合があるため、
少しずつ飲むようにするといいでしょう!

また、水素水を飲み始めた後に、好転反応が出る場合もあります。
これは副作用ではなく、もともと体内にあった活性酸素が活性水素と結びついたことで、
体がいい方向へ向かうための、溜まっていた悪いもの(老廃物)などが体の表面に出てくるというものです。
例えば、ニキビや吹き出物が増えたり、不純物が水に変えられることでお腹がゆるくなる、下痢をするといったことです。

このような不調や肌トラブルは一時的なものです。
好転反応が見られたら、体が変わっていくサインでもあるので、しばらく様子を見ていきます。
それでもまだ続くような場合は、医師に相談するようにしましょう!

水素水を効果的に摂取するには?

水素水を飲む

美容や健康に効果があると注目されている水素水は、手軽に購入できるようになりました。

水素水は中に含まれている水素の量が多いほど効果が高いと言われていますが、これは本当なのでしょうか?

よく「高濃度水素水」と水素が豊富に含まれている商品を謳っていますが、せいぜい1.0~1.57ppmほどです。

先にも書いたように、水素分子は非常に小さいものです。
水素水は水素の溶け込んだ水のことですが、ペットボトルやプラスチック容器に入っているものでは簡単に通り抜けてしまいます。
そのため、水素水を保持・保管するためには、ガラス瓶や金属缶、アルミパウチ型のものがよいでしょう!
それでも、水素サーバーなどで常に水素を発生させていない限りは、ある程度水素が抜けてしまいます。

だから、含有量が高いものでも、最終的には1.57ppmまで落ちてしまいますので、表示だけを鵜呑みにしない方がよさそうです。

そして飲むタイミングですが、基本的には水なので特にありませんが、
スポーツ後や疲労感が強いとき飲むと効果を発揮できたりします。

また、朝はデトックスタイムなので、起きたらすぐに水素水を飲むのもいいでしょう!
肌のツヤを保ちたい、いつまでも若く美しくありたいという方は、普段飲んでいる水を水素水に変えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

水素水2

水素は体が錆びる(酸化する)原因の元である活性酸素を効率よく除去してくれる優れものです。

効率がいいというのは、活性酸素には善玉・悪玉の2種類のうちの悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)だけを除去するからです。

私たちはこの悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を除去する能力がないため、
最も抗酸化力のある水素を摂取することによって、体内が還元されていきます。

体内が還元されると、免疫力もアップするので健康的な体になります。
特に血流がよくなるので、美肌効果、また、腸内環境も良くなりますので便秘の解消、
ダイエットなどにも効果があるようです。

関連記事

ページ上部へ戻る