スイカダイエットの効果とは?成功する方法と痩せた・痩せない口コミ

子供のころから夏といえば、「スイカ」というように、おやつ代わりに食べているものです。

スイカはほとんどが水分となっていますが、そのスイカがダイエットや美容に効果があると、注目を浴びています。

スイカで痩せるなんて本当なの?その成功方法と口コミ、注意点などについてご紹介していきます。

スイカダイエットの効果とは?

すいか

スイカは90%が水分、10%が糖分の割合になっていて、一般的な大玉の場合、1玉で約1200kcalにもなりますが、
100gあたりだと、37kcalと意外と低カロリーなんです!

水分ばかりで栄養素はないかと思いきや、その栄養成分がダイエットや美容に効果があると話題になっています。

そのスイカの主な栄養素というのは、次のようなものです

・カリウム 
利尿作用と疲労回復効果がある。

・リコピン 
赤玉スイカでトマトの約1.5倍含まれる。活性酸素を除去し、ガン予防、アンチエイジング効果がある。

・シトルリン 
スイカに特に含まれる成分で、アミノ酸の一つ。
脂肪を燃焼したり、体内の老廃物や有害な物質を排出するなど利尿作用があり、
ダイエットサプリとしても注目を浴びている。

・シスペイン 
ビタミンCが酸化するのを防ぐ 美白効果がある。

・イノシトール 
ビタミンB群のことで、肝臓に脂肪がつかないようにしたり、動脈硬化を予防する。

・マンノシターゼ 
糖分を分解してくれるので、ダイエットサプリとしても注目を浴びている。

スイカダイエット

スイカにはこれらの成分が含まれていることで、結果として次のような効果が期待できます。

①デトックス効果とむくみの解消

むくみ

スイカにはカリウムなどの成分によって利尿作用があり、老廃物を体の外に排出してくれます。
むくみが気になる人、水分太りが気になる人にとってはおすすめの食べ物です。
また、部分的なむくみ(顔、お腹回り、手足)を解消する作用もあるため、女性の生理中のむくみなどにも効果的です。

②便秘の解消

便秘の解消

デトックス作用や、むくみを解消するとともに、食物繊維も豊富なので(特に水溶性の食物繊維)腸内環境を良くして便秘を解消させる効果もあります。

③美白効果がある

美白

スイカに含まれるシトルリンが注目を浴びていますが、この成分は活性酸素を除去してくれるため、紫外線による日焼やシミなどにも効果的で、
美肌にしてくれます。

④やる気をアップさせる

やる気

シトルリンはまた、脳内の血流を良くしてくれるため、やる気を向上させたり、集中力をアップさせてくれます。

⑤満腹感を得やすい

スイカはほとんどが水分で、ほんのり甘い糖分(果糖)で食べやすく、意外とそれだけで満腹感になります。
カロリーも低いのでダイエット中の食べ物としては理想的です。

スイカダイエットが成功する方法

スイカダイエット2

スイカのカロリーは1玉で約1200kcalですが、100gでだいたい37kcalと言われています。
種類にもよりますが、大玉で約1/8カット(400g)食べるとしたら約150kcalと意外と低いので、スイカで太るということはありません!

そこで、スイカダイエットを成功させる方法としては、朝、もしくはおやつとして食間に食べます。

朝にスイカを食べることで、ちょうど老廃物を排出する時間なので、スイカに含まれる酵素が消化吸収を促し、
食物繊維が豊富なので排泄のサポートをしてくれます。

また、スイカをおやつとして食間に食べることで、スイカの水分と糖分が満腹感を満たしてくれるので、次の食事量を減らすことができます。
これは無理せず食事の量が減るので、おすすめです。

スイカダイエットで痩せた・痩せない口コミと注意すること

最後に、スイカダイエットで痩せた人・痩せない人の口コミをご紹介し、そのうえでの注意することを挙げます。

・スイカで痩せた人の口コミ

ダイエット成功

「スイカだけで痩せるなんて、お腹がすくから無理だと思っていたら、意外と満腹感があり無理せずに続けられました。」

「とにかくむくみがなくなって、便秘も解消され、体の中がすっきりしてきた。」

「脚や顔などのむくみが気になっていたのが、部分的なむくみにも効果があった。」

「2週間で2キロ体重が減った。」

・スイカで痩せなかった人の口コミ

ダイエット失敗

「痩せるというよりは、下痢でお腹を壊してしまった。」

「体が冷えてむくみがひどくなった。」

「夜に置き換えたらかえって太ったような気がする。」

「食後のデザートに食べていたら痩せなかった。」

スイカダイエットをする際の注意点としては、

すいか2

・食べ過ぎない

スイカには体を冷やす作用があるため、その冷えによって腹痛や下痢などを引き起こす可能性もあります。
食べるときは体調を見ながら、200gから400g(1/8や1/16カットくらい)にとどめておきます。
スイカを置き換える場合は、1日に1食までにします。
3食置き換えると栄養が偏り、危険です。
特にたんぱく質が不足しますので、ほかの食事で補いましょう。
そして、食べるタイミングとしては、朝かおやつとして食間に食べるのがおすすめです。

・スイカは常温で

冷えたスイカはおいしいものですが、体温を下げる作用があることを考えたら、
常温か常温に近い状態で食べるのがおすすめです。
冷えによるむくみや余計な水分摂取をしないためです。
特に、妊娠中の方は体を冷やし過ぎないようにします。

・空腹時に食べる

スイカは空腹のときに食べないと効果が半減してしまいます。
スイカに含まれる酵素が、その後に摂取した食事の消化を助けてくれるため、食べる前(空腹時)に食べるようにします。

・食べた後は体を温める

スイカを食べた後は、体が冷えるので、軽い運動をしたり、半身浴をして汗を出すようするとよりダイエットとしては効果的です。
また、体を冷やし過ぎないために、しょうがなど体を温める食材も摂るようにします。

まとめ

スイカダイエット3

夏になると食べたくなるスイカですが、最近ではスイカの栄養素がダイエットや美容に効果があると注目を浴びています。

食べ方に気を付ければ、むくみや便秘などを解消して、美肌効果も期待できる優秀な果実です。

夏限定にはなってしまいますが、一度試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、スイカが苦手な方やもっと手軽に摂取できる方法として、スイカに含まれるシトルリンが入ったサプリメントもあります。

下半身太りむくみをすっきりさせるスイカプラスの詳細はこちらからです ↓



関連記事

ページ上部へ戻る