置き換えダイエットを成功させるコツ リバウンド対策編

酵素ダイエットでリバウンドしない方法とは?

酵素ダイエットは正しいやり方をすればリバウンドしにくいダイエット法ですが、
それでもリバウンドをしてしまう場合があります。
私も過去に何度か失敗していますが、リバウンドしない方法を知れば、酵素で置き換えするのは健康的にもおススメです。

そこで注意点をいくつか挙げてみます。

酵素ダイエットを始める前

酵素ダイエット

酵素ドリンクで置き換えダイエットをする前日から、消化の悪いもの、揚げ物などを控えておきます。
また、置き換え期間中のことを考え、体の調子が悪いとき(たとえば生理中)は避け、自分の体調がベストの時にスタートさせます。
これは忘れがちな重要なポイントです!

初めての方

初めて酵素ドリンクで置き換えやプチ断食をする方は、長期の休みや週末など、まとまった休みのある時の方が体調管理もしやすいです。
初めての方は体が慣れないうちは、いきなり3食置き換えするよりも、1日1~2食分を置き換えることから始めるのがおススメです。

水を多く飲む

水を飲む

置き換えダイエット中は食事からの水分補給ができないため、こまめに水を飲むようにします。
水分不足にならないためにも、水を多く飲むようにします。(1日約2リットルくらい)
お茶やコーヒーなど、カフェインの摂りすぎはダイエットの妨げになるので控えます。
冷えが気になる場合は、白湯にします。

置き換えしていない食事の注意点

例えば1日1~2食を置き換えにしている場合、それ以外の食事は、バランスの良い食事を心がけます。
野菜を中心に、炭水化物はなるべく控えましょう。

アルコール、たばこは控える

アルコールやたばこは、せっかくの酵素を補給しているのに、酵素を無駄に使ってしまいますので、
酵素ダイエットが台無しにならないためにも控えましょう。

体調に気を付ける、不調が続いたら中断する

体の不調

酵素で置き換え中は、血行が良くなり、便通が整い、寝つきや寝起きがよくなることがありますが、
中には、頭痛やめまい、吐き気など体の不調を感じる方もいます。
私も初日は頭が痛くてつらかったです。
一時的なもので、体が慣れてくれば治まるものですが、そのような症状が続いたり我慢できないほどであれば中断します。
症状がひどい場合は、メーカーのお客様相談室に問い合わせるか、医師に相談します。

酵素ダイエット終了後

おかゆ

プチ断食後は、胃腸がきれいな状態にリセットされています。
いきなり通常食に戻してしまうと、胃腸に負担をかけてしまい、消化不良を起こしてしまいます。
病後の回復期と同じように、胃腸を慣らすためにも消化のよいものから食べ始めます。
ヨーグルトや、スープや具のない味噌汁、おかゆなど、徐々に通常食に戻していきます。
このとき、プチ断食にかけた日数と同じ日数をかけてゆっくりと戻していくのがリバウンドしないコツです。
その後も意識して、野菜や発酵食品など、バランスの良い食事を心がけていきます。

酵素で置き換えダイエットのまとめ

野菜とスムージー

アラフォーになってくると、体内の酵素が減り、代謝が落ちてきて痩せにくい体になってしまいます。
健康的に美しく痩せるためにも、一度プチ断食や置き換えダイエットをして、胃腸を休ませ、体の中をリセットすることをおススメします。

酵素ダイエットをするなら、酵素関連商品(酵素ドリンク、酵素サプリメント、グリーンスムージー)などから、
安心、安全な原材料で栄養価が高くて、低カロリー、自分が続けやすいもの(最低3か月は続けられるか)を選んで、
1日1~3食置き換えます。

置き換えは体調がベストの時に行い、置き換え中は水分を多めに摂ります。
またダイエット終了後の食事は、消化のよいものから徐々に通常食に戻しいくことで、リバウンドが起きにくくなります。
その後も野菜や発酵食品などを積極的に摂るようにし、適度な運動も心がけます。
そうすれば、アラフォーでも太りにくい体質に改善することができますよ!

関連記事

ページ上部へ戻る