秋からのダイエットを成功させる方法

食欲の秋と言われる季節になってきました。

実りの秋ということで、店頭にはおいしそうな食材が並んでいます。
ついついあれもこれもと食べたくなってしまいますが、この時期食欲に負けて食べてばかりいると、
体重増加につながり、後々大変なことになってしまうかも!

秋の食べ物

秋が過ぎれば、年末年始もすぐそこ!
クリスマスやお正月などのパーティシーズンの到来です!
なにかと食べる機会が増えてきますし、さらに、寒くなってくると体を動かすのがおっくうになる人もいるでしょう!

そんな食欲の秋でも太らないようにするための、秋からのダイエットの成功のコツをご紹介したいと思います。

秋になると食欲がアップするのはなぜ?

食欲の秋

「食欲の秋」と言われているように、秋になるとだいぶ涼しくなってきて過ごしやすくなるため、
食べたい!という欲求が出てきて、ついつい食べる量が増えたりしていませんか?
そして気が付くと、体重が増えているなんてことも…。まさに私がそうなんですが(^_^;)

ではどうして、秋になると食欲がわいてくるのか?
諸説いろいろありますが、一般的に言われていることを挙げてみますね。

日照時間の減少とセロトニン

日照時間

夏から秋になると、日照時間が減って、明るい時間が減ってきます。
そうなると、脳内にある「セロトニン」という精神を安定させる神経伝達物質の分泌量が減ってきます。
これは幸せホルモンとも言われています。
この「セロトニン」は、日光に当たった時間によって分泌量が調整され、食欲にも深く関わっています。
日照時間が短くなると、セロトニンが減るので、イライラしたり憂鬱になり、ストレスが溜まった状態になります。
それを解消して安定した精神を保つために、たくさん食べたり眠ることでセロトニンを増やそうとします。
だから食欲がでてくるわけです。

気温の変化

気温が低下すると、基礎代謝がアップすると言われているように、
秋は徐々に気温が下がってくるため、運動をするのにはいい季節になります。
当然、基礎代謝がアップすれば、エネルギーが消費されやすくなるため、お腹がすきやすくなります。
食欲が増しても、運動すれば太る心配はありませんが、摂取カロリー>消費カロリーになってしまうと太ってしまいます。

夏バテの回復

新米

猛暑で食欲が落ちていた人も、涼しくなってきたことで食欲が回復してきます。
しかも秋は実りの秋というように、秋においしくなる旬の食べ物がたくさんあります。
例えば、新米、さんま、芋、栗、ぶどうなどなど。
食べたくなるのも自然のことなので、ついつい食べ過ぎや太りやすくなることも!

これらが秋になると食欲が増す理由ですが、いかがでしょうか?
納得せざるを得ない部分もありますが、本能のまま食べたいだけ食べてしまうと後で後悔しかねません!
そうならないためにも、秋からのダイエットを成功させるコツををご紹介しますね♪

秋に太らないための7つのルール

秋は旬のおいしい食べ物が出回り、食欲がアップする季節です。
かといって食べ過ぎては体重増加の恐れが!

でも、せっかくだから食を楽しみたい!
食欲の秋だからこそ、簡単に食欲をコントロールできる方法をご紹介します。

①食前に野菜ジュースを飲む

野菜スムージー

食事の20~30分前に野菜ジュースを飲むことで、血糖値の上昇が抑えられます。
また、脂質や糖質の吸収がゆっくりになるので、太りにくくなります。
できれば手作りのものがいいですが、市販のものでも糖分が付け加えられていないものを選ぶようにします。

②最初に野菜や海草類を食べる

海藻類

野菜や海藻は低カロリーでビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含むだけでなく、食欲をコントロールする効果があります。
歯ごたえがあって咀嚼に時間がかかることで満腹感を与えたり、
血糖値の急上昇を抑え、インスリンの分泌を抑えるので、脂肪として蓄えられにくくなります。

③よく噛んで食べる

脳から満腹サインが来るまで10~15分程かかると言われてるので、
食べ過ぎを防ぐためにはよく噛んでゆっくり食べるようにします。

④きのこを食べる

秋の食材の代表でもあるきのこ類は、カロリーがほぼゼロなのでたっぷり食べても太ることはありません!
しかも食物繊維が豊富で便秘の改善にもなりますし、かさ増し食材として、たっぷり食べることができます。

⑤飲み物はお茶などのノンカロリーのものを

ノンカロリーお茶

代謝に必要な水分補給も大切です。
秋はカフェで、甘いものが飲みたくなりますが、そこをぐっとガマン!
コーヒーや紅茶などはブラックであればノンカロリー、お茶もノンカロリーです。
どうしても甘いものが飲みたくなったら、はちみつやメープルシロップを少し入れます。
コーラなどの炭酸飲料が好きな人は、炭酸水やレモン入りの炭酸水を飲むようにします。
ゼロカロリーの炭酸飲料は、人工甘味料が使われていることがあり、口当たりがいいのと安心感からつい飲みすぎてしまい、
結果、過剰摂取となり太ってしまうので注意が必要です。

⑥軽い運動をする

軽い運動

秋は体を動かすのにちょうどいい季節です。
屋外に出て、日光を浴びればセロトニンの分泌が増えてきます。
その方が食べてセロトニンを増やさなくてすみます。
激しい運動よりは、軽い運動、ウォーキングやジョギングで構いませんので、外の空気を吸って、体を動かすようにしましょう!
ストレス解消にもなりますよ!

⑦ゆっくりお風呂に入る

暖かいお湯につかり、じんわり体の芯から温まれば、心も体もリラックスしてきます。
さらに湯船の中でマッサージすれば、血行もよくなり、代謝もアップするので、ダイエット効果も高まります。
特に女性は、冷えやむくみ解消にも役立ちます。

まとめ

秋

秋はおいしい食材が豊富に出回り、涼しくなって食欲が回復し、食べたいという欲求が増してくるから、ついつい食べ過ぎてしまうことも!

そんな秋太りの解消法として、いくつか挙げてみました。

中でも秋ダイエットのキャッチコピー”幸せホルモンのセロトニン”の分泌を増やしましょう!
セロトニンがたくさん分泌されれば、イライラや憂鬱などストレスがたまることもないので、
少ない食事でも満足感が得やすくなります。

セロトニンの分泌量が少ないと、それを増やそうと食べる量が増えたりします。
セロトニンの増やし方は、日光を浴びる事。
ウォーキングや軽いジョギングでも構わないので、体を動かすことが大切なんですね。

これから迎える年末年始に向けて、秋のうちから、食事と体重のコントロールをしていきましょうね♪

関連記事

ページ上部へ戻る