便秘を即解消!デトックスしてくれるお茶(ハーブティー)7選

 

体内の水不足が便秘の原因

突然ですが、あなたは水分をどれくらい摂っていますか?
水分は、のどが渇いたときや、汗をかいた時は積極的に摂ると思いますが、それ以外はあまり摂っていない、
というなら水分不足が考えられます。

そして、水分不足は便を硬くし、便秘を招くきっかけとなってしまいます。

だから、便秘を解消する方法の一つとして、水分補給があげられます。

よく、朝起きた時に冷たい水をコップに1杯飲むと腸が刺激されると言われていますし、
1日2リットル以上の水を飲むといいとも言われていますが、そう簡単に飲めないという方には、
デトックス効果のある便秘解消にも役立つお茶(ハーブティー)がおススメです。

お茶は自然素材のものが多く、体に合う合わないものがあったりしますが、薬ではないので副作用の心配もなく
安心して長く飲み続けられます。

便秘茶として市販されているものは、これらの茶葉の種類をブレンドしたもので、
自分の身体に合うものが見つかれば、お腹もスッキリすることでしょう!

 

話題のルイボスティーは冷えとむくみと便秘に効くお茶!

ルイボスティー
冷えとむくみと便秘が重なっているあなたは、完全に体の中に老廃物がたまりまくっています!
そのままでは、体の不調がいつ訪れてもおかしくありません!

そうならないためには、デトックス効果のあるお茶(ルイボスティー)を飲むといいですよ!

他にもデトックス効果のあるお茶はたくさんありますが、最近話題になっているのがルイボスティー。

なんとお医者さんもすすめるくらいの素晴らしい効能や効果がたくさんあるといいます。

ルイボスティーの産地は南アフリカの山脈で、
農薬や化学肥料を一切使っていない自然の恵みから誕生した「奇跡のお茶=万能薬」とも言われています。

ルイボスティーには女性には嬉しい成分がたっぷり入っています。
フラボノイドという抗酸化物質が多く含まれているため、アンチエイジングはもちろんのこと、
卵子の若返りが期待されることから、不妊に悩んでいる方や、生理不順などの改善、
美肌効果、冷え、便秘、むくみの改善にも期待できます。

ルイボスティーを飲むことで、腸内の動きが活発になり、悪玉菌を排出し善玉菌優勢の状態になるため、
腸内環境がよくなり、便秘が改善されます。

便秘が改善されるとともに、肌がきれいになり、乾燥が原因のアトピーや、
アレルギー物質も排出されることから、花粉症などの症状の軽減にもつながると言われています。

また、ノンカフェインなので、妊娠、授乳中の方でも安心して飲めます。
下剤やお薬のような副作用の心配もなく、毎日飲み続けることもできますし、
そうすることでより効果が期待できるようになります。

 

ウーロン茶を超えた!ダイエットと便秘の改善にはプーアール茶

プーアール茶

一昔前は、脂っこいものを食べるときにはウーロン茶だったのが、今ではプーアール茶を飲まれている方も多くなりました。
プーアール茶も中国のお茶で、製法としては緑茶をコウジカビで発酵させる熟茶と、経年により熟成された生茶に分けられます。

一般的に販売されているのは熟茶の方で、ミネラル濃度が高く(ビタミンB1、ビタミンB2、マグネシウム、カリウム、鉄など)、
これを飲むと血流が良くなったり、血圧が下がったりします。
血のめぐりがよくなることで、お通じの改善や花粉症などの症状の軽減、脂肪分分解作用があるので、
デトックスやダイエット目的で飲まれています。

ただ、カビ臭くて飲みにくいというのが難点だったりするのですが、
ティーライフのダイエットプーアール茶は、茶葉を高圧釜で蒸気殺菌しており、
カビ臭さが抑えられているので飲みやすいと人気です。
また、近年なにかと中国産のものが不衛生だったり、農薬の問題が取りざたされていますが、
そういった面においては、残留農薬のチェックも厳しく行い、
徹底した品質管理のもとで製造されているので、安全、安心して飲むことができます。

おススメのプーアール茶はこちら ↓↓↓↓
 

 

メタボ、ダイエット、便秘には杜仲茶

杜仲茶

杜仲茶も中国茶で、中国では5大漢方薬のひとつで、健康茶として長く重宝されています。
日本でも一時はブームになりましたが、その後も人気は衰えず、なじみの深い健康茶として飲まれています。

杜仲茶には、鉄分、亜鉛、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど、ビタミン・ミネラル成分が豊富に含まれているので、
健康維持にはピッタリのお茶です。

また、高脂血症、高血圧、高血糖など、メタボ対策やダイエットに注目を浴びています。

さらに利尿作用もあることから、むくみが気になる方、体の中の老廃物を排出するという意味では、
便秘で悩んでいる方にもぜひ飲んでいただきたい健康茶です。

 

食物繊維たっぷりのごぼう茶で便秘を解消

南雲ごぼう茶

ごぼう茶はナグモクリニックの南雲吉則先生がメディアで、
アンチエイジングやダイエット、便秘などの効能があると紹介したことで今でも注目を浴びています。

先生自身が証明になって、ごぼう茶を飲むようになってから自然とダイエットできたことと、
肌がきれいになり年齢より若く見える(50代なのに30代に見える)ことで有名です!

ごぼうといえば、食物繊維の代表食材ですが、
それだけでなくサポニン(ポリフェノールの抗酸化作用で腸の余分な脂質やコレステロールを分解し排せつする)、
イヌリン(食物繊維で体内の水分や便を排出する)、ミネラル(リンやカリウムなどの利尿作用でむくみを解消する)などが含まれています。

食物繊維やポリフェノールは腸内環境を整えるだけでなく、免疫力を活性化させたり、体内の毒素を排出することから、
アンチエイジングやダイエット、便秘にいいことがわかります。
なんと便秘の方は便臭もなくなるそうですよ!

ただ、注意したいのはキク科のアレルギーのある方は飲めませんし、口の渇きやめまいを引き起こすという副作用もあります。
副作用に関しては飲みすぎないようにすることです。

ごぼう茶は自分でも作れますが、泥付きのものをささがきにして天日干ししてから煎るという手間がかかるので、市販のものもおススメです。
市販のもので注意するとすれば、国産のものや品質のいいものを選ぶようにします。

特に、南雲先生が監修するあじかんのごぼう茶なら、世界が認めた最高品質のごぼうを使用、焙煎してあるので安心、安全です。

あじかんのごぼう茶の詳細はこちら ↓↓↓↓

 

冷えや便秘、むくみの解消にはミントティー

ミントティー

ミントティーというとその香りからリフレッシュとリラックス効果をもたらすハーブティーです。

ただそれだけではなく、ミントには、消化促進、強壮、発汗、鎮痛作用の効果もあります。

ミントティーは体内のデトックスに用いられることが多く、
体内に溜まっているガスや老廃物や水を排出して痩せやすい体質に変えてくれます。
またそれらを排出することによって、肌荒れや体臭などの改善も見られます。
女性に多い冷えや便秘、むくみでお悩みの方、ハーブティーが好きな方にはおススメです。

 

妊娠・授乳中の便秘にはタンポポ茶

たんぽぽ茶

タンポポ茶は不妊や母乳不足の方、冷え症の方におススメのお茶ですが、
それだけでなく便秘の改善や、利尿作用もあるのでむくみの改善にもなります。
ビタミン、ミネラル、鉄分を豊富に含み、ノンカフェインなので、妊娠中の便秘にも安心して飲めるお茶です。
授乳中の方は、母乳の出が良くなると言った利点もあります。

おススメのタンポポ茶はこちら ↓↓↓↓

 

便秘を即解消するならキャンドルブッシュ入りハーブティー(キャンデト茶)

キャンデト茶

キャンドルブッシュは、インドネシアなど東南アジアに自生している黄色い花を咲かせるマメ科の植物で、
別名「ゴールデンキャンドル」「ハネセンナ」、学名「カッシア・アラタ」と呼ばれています。

タンニンやフラボノイド、食物繊維が豊富なので便秘解消に効果があるということで、最近の便秘茶に含まれていることが多いです。

キャンドルブッシュは下剤に使われているセンナほど強い副作用はなく、自然な便通を促してくれると人気なので、
私自身もキャンドルブッシュ入りの便秘茶(キャンデト茶)を飲んでいます。

確かに便通はよくなりますが、はじめのうちから量を多く飲んだり、濃いめにして飲むとお腹を下してしまうこともあります。
そして、利尿作用もあるので、トイレの回数も多くなり、むくみの改善にはなります。

最近の情報によると、キャンドルブッシュに含まれている「センノシド」という成分も、
実は副作用や危険性がないとは限らず、飲みすぎることで下痢になったり、腹痛、吐き気などが起きることがあります。

なので、妊娠中は絶対避けてほしいお茶です。

また、常習することでかえって便秘を悪化させてしまう場合があるので、1日1~2杯にとどめ、
お通じが改善されたらじょじょに飲むのをやめてゆく方向にいくのが無難だと当サイトでは考えます。それは私の経験からでもあります。
経験上、即効性は否定できないので、飲みすぎず上手な付き合い方をしてゆくことをおすすめします。
(最初から飲むなということでは決してないですからね。)

キャンデト茶の詳細はこちら ↓↓↓↓

 

便秘解消に役立つハーブティーのまとめ

便秘解消 お茶

人気や話題になっているお茶(ハーブティー)を7つ選んでみましたが、
これら以外にもまだまだたくさんあります。

お茶(ハーブティー)は、自然素材のものが多く、効能もさまざまあります。
便秘の解消にいいとされているものは、便秘薬とは違って副作用の心配がないので、比較的長く飲んでも安心です。

ただし、中には、妊娠中やそのときの体調によっては控えた方がいいものもありますので、
自分で選ぶ際にはよく調べてから飲用してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る