ハロウィンパーティーを自宅や学校で!小学生のや高校生の体験談!

ハロウィンパーティーにも色々あります。あらかじめ企画されたイベントに行くのもいいですが今回の記事では自分たちでハロウィンパーティーを企画している方の体験談を紹介します。

ハロウィンパーティーを自分たちで行おうという方の参考になれば幸いです。

ハロウィンパーティーを自宅で

ハロウィンパーティー

まずは小さいお子さんを持つ親御さんの企画するホームパーティです。

「小学生と園児のお子さんを持つ親御さんのホームパーティ」

 我が家は小学生と園児の娘がいます。毎年ハロウィンの日の夕方から仮装をしてホームパーティーをしています。ベスト3行事に入るほど、大喜びで大盛り上がりなんです。

思いっきり好きな仮装をしてお友達といつもの公園までお散歩します。年々参加人数が増えてきて、付き添いの親たちから、散歩途中にお菓子がもらえるので、

子供たちは大盛り上がりです。日が落ち暗くなった頃に家にみんなで戻り、持ち寄りで食事をして仮装のままで過ごします。
お子様がおられるご家庭なら本当におススメです。

まず準備から楽しめるからです。この頃運動会シーズンで毎日疲れて帰って来た娘達はついテレビを見てダラダラ過ごしてしまいます。
そんな時に少しずつハロウィンの準備をするのです。まずは衣装を考えます。

どんな仮装をしたいのか書きます。デザインが決まれば、100均などなるべくお金を使わないように作ったり購入したりできるかを考えます。
その他にも同時進行で、折り紙などで飾りやお菓子袋、テーブルセットなど手作りできる物はコツコツ作っていきます。

飽き性な娘ですが楽しんで毎年すごい集中力で作っています。
ちなみに去年は持っていたプリンセスのドレスに100均などで購入したしっぽや耳、アクセサリーを付けて衣装は完成。上の子供はフェルトで猫のバッグを手縫いで作っていました。

食事は人数が増えたのでタコ焼きパーティーと題し、持ち寄りの具材を色々入れていっぱい焼いて食べました。

お友達1組とこっそりやってみたハロウィンが毎年変化をとげています。

ハロウィンパーティーを学校で

ハロウィンパーティー2

学校ぐるみで行事としてハロウィンパーティーを行っている学校もあるようです。

その体験談を掲載しますね。

「ハロウィンパーティーという行事」

私が高校生だったころ、学校でハロウィンパーティーという行事がありました。生徒は仮装して学校に行き、先生も仮装をして授業をするという思い出に残る行事でした。

私はドンキホーテで買ったヴァンパイアのセットを着て学校に行きました、友達はフランクリンやゴーストやいろいろな人がいてとても楽しかってです。
中にはちのりを馬鹿みたいに使ってリアルなゾンビの仮装をしている人もいました(笑)

学校の朝礼が始まるとカオスな光景が待ってました。全生徒が仮装している光景はもう死ぬまで見ないことでしょう(笑)
まずは校長先生の話から入りました。なんと校長先生はオオカミというかわいらしい仮装でみんなキャーとかいってもはや朝礼どころではありませんでした。

学校が終わり僕たちはカラオケボックスでハロウィンパーティーをすることになりました。
みんな歌う曲はハロウィンにちなんだ曲でとても楽しかったです!

帰り道友達と知らない人の家に行ってトリックオアトリート(お菓子を)くれないと、いたずら(悪さ)しちゃうぞ)と言って入ったら怒られました(笑)

そして次の日普通に制服を着て学校に行きました、学校はなぜかにぎわっていました。
私もそこに行くとそこには親友のSさんがばかみたいにまた仮装していきました(笑)

そりゃおこられるわなとか思ってたら校長先生が来てこういう生徒がいるから学校が成り立つんだと堂々と言ったので、生徒たちは爆笑でした!
私は毎年ハロウィンが訪れるとその思い出が頭をよぎります(笑)

—————-

楽しそうでよいですよね。学校のお友達と迷惑にならない範囲でハロウィンパーティーを企画してみるのもよいかと思います。

まとめ

ハロウィン

ハロウィンパーティーはあらかじめ企画されたイベントに参加するのもよいですが、上記した体験談のように自分たちで企画して行うのもそれなりのよさがあります。

小さいお子さん込みのハロウィンパーティーの場合はお母様の目が届きます。

高校生などは内輪で行うことで気心しれた友人たちだけで行える楽しさというものもあります。

是非とも、ハロウィンパーティーを皆さん自身で企画されて行う。そういう年があってもよいのではないかと思います。

ページ上部へ戻る