産後の抜け毛・薄毛に!育毛効果のある育毛剤

女性の抜け毛・薄毛の原因は、男性の脱毛症とは違い、女性特有のライフサイクルにあります。

出産、更年期、閉経など女性ホルモンのバランスの崩れや、日常生活などのストレスの他にも、
女性はおしゃれに敏感で、パーマやヘアカラー、シャンプーの回数が多かったりしますし、
髪をアレンジするときにピンやゴムで留めたり、引っ張ったりすることがあります。

そうなると、髪がだんだん細くなり、ハリやコシがなくなって、薄くなっていきます。

女性の頭皮はとてもデリケートなので、だからこそお肌のお手入れと同じようにしていきましょう!

産後の抜け毛の原因

妊婦

産後の抜け毛の原因は、主に女性ホルモンの変化にあります。
もともと女性ホルモンは、髪の毛や体毛を抜けにくくするものです。
妊娠中はこの女性ホルモンが増えるので、妊娠中は体毛が濃くなったり、毛深くなったと感じるようになりますが、
出産後には、女性ホルモンが急激に減るので、妊娠中に抜けなかった毛が一気に抜けてしまうことがあります。

その他にも、産後にはストレスや生活環境が一変することで抜け毛が起きることがあります。
例えば、慣れない育児、授乳などによる睡眠不足、食事がしっかり摂れない、
または妊娠中に増加した体重を戻そうとして過度なダイエットによる栄養不足、
育児で精一杯の中、自分に構っている暇もないのに、さらに髪が抜けることのショックからくるストレスなどなど。
こうしたストレスや生活環境が変わるだけでも、女性ホルモンのバランスは簡単に崩れてしまいます。

それでは、産後の抜け毛はいつからいつまでなのか気になりますよね。

ここでもう一度おさらいですが、
ヘアサイクルは
成長期(髪が生える時期)2~6年、
退行期(髪が抜ける時期)2~3週間、
休止期(次の髪が生えるまでの休みの時期)2~3か月  を繰り返しています。

産後すぐに女性ホルモンが減ることで、髪が一気に抜けてしまい、そのまま休止期に入るので、
一時的に髪が薄くなったようになりますが、その後2~3月後には元のヘアサイクルに戻ることで、
徐々に髪の量も増えてきます。
月経が再開することで、女性ホルモンの分泌量が妊娠前と同じバランスに戻ります。
個人差もありますが、産後6か月から1年後くらいには元の状態に戻りますが、
その後の生活習慣や自己免疫に障害によっては、1年以上たっても抜け毛が止まらない、薄毛になることもあります。
その場合は、医療機関(皮膚科など)を受診することをお勧めします。

産後の抜け毛対策に

バランスのいい食事

産後の抜け毛は一時的なものと、あまり考え込まずに、育児を楽しみ、自然に回復するのを待ちましょう!

出産は大変な仕事で、それが終わった後も育児や家事など、肉体的、精神的にもハードでストレスを抱えがちです。
そんなときは無理をせず、パートナーや周りの人に相談してみましょう!

産後の抜け毛は、女性ホルモンのバランスの崩れからきていますので、
そのバランスを整えるには自律神経が深くかかわってきます。

まずは、規則正しい生活をすること、質の良い睡眠をとること、ストレスをためないこと、栄養をしっかり摂ることを心がけましょう!

女性用育毛剤でケアする

とはいえ、産後はとにかく忙しいし、規則正しい生活をすること、質の良い睡眠をとること、
ストレスをためないこと、栄養をしっかり摂ることは、なかなか難しかったりします。

そんなときは、産後の抜け毛を助けてくれる、女性用育毛剤を使ってみてはいかがでしょうか?

女性のデリケートな頭皮に、産後や授乳中でも安心して使える女性用育毛剤をいくつかピックアップしてみましたので、
ご参考になさってみてください。

①ベルタ育毛剤

ベルタ酵素、ベルタ葉酸、ベルタプエラリアなどで有名なベルタブランドの女性用育毛美容液です。
業界最大級56種の有効成分、頭皮ケア成分を、ナノ浸透で頭皮の毛穴の奥まで届いて、頭皮の乾燥を防ぎ、健康な髪を育てます。
無添加、弱酸性、天然由来成分、アミノ酸配合、パッチテストも済んでいますので、妊娠中、産後の授乳中、
乾燥肌、敏感肌、アレルギー肌の方でも安心して使えます。
定期コースなら初回50%割引、頭皮クレンジングジェル付き、90日間全額返金保証付き。

詳細はこちらです ↓↓↓↓

②アンジュレ

無添加、産後の育毛促進にこだわった3つの有効成分、7種の海と山の天然成分と徹底した品質管理で、
産後の授乳中でも安心して使える産後の抜け毛対策用育毛剤です。
定期コース初回50%割引、4回目以降はVIP割引45%適用、90日間の全額返金保証付き。

詳細はこちらです ↓↓↓↓

育毛剤は3か月から半年を目安に使用してみないと効果が実感できないものです。
通常ならば、産後半年ぐらいからヘアサイクルが元に戻ってくるのですが、
その間の不安解消のためにケアする目的で使うとよいでしょう。

上記に挙げた育毛剤は、無添加で、授乳中に使っても安心なものですが、
デリケートな問題ですので、ご心配な方は医師と相談してから使うとより安心です。

育毛剤の効果をよりよくするために塗る前にすること

アンジュレ

育毛剤の効果を実感するには、ヘアサイクルを考えてみても最低でも3か月は見ておく必要があります。

せっかく育毛剤を使うのですから、その効果をより良くするために塗る前にいくつかのポイントがあります。

①髪のほこりなどをしっかり洗い流すために、まずはぬるま湯で予洗いします。
指の腹で優しく頭皮を意識しながらマッサージするように洗います。

②その後は普通にシャンプーで、頭皮を傷つけないようにマッサージするイメージで丁寧に洗います。
シャンプーも無添加で頭皮ケアできるようなものを使うのがおススメ。

③すすぎは、シャンプーした時間よりも長くすすぎます。
目安としては2分くらい。
頭皮にシャンプーが残ってしまうと、かゆみや赤みなどの炎症を引き起こす原因になります。

④シャンプー後は、タオルドライで髪の水分を拭き取り、ドライヤーで乾かします。
自然乾燥にすると、常在菌が増え、頭皮トラブルの原因になりますので、
頭皮を清潔に保つためにも、ドライヤーで乾かしましょう。

⑤髪が乾いたら育毛剤を塗ります。

産後の抜け毛のまとめ

産後の抜け毛

産後の抜け毛は極端な女性ホルモンのバランスの崩れにあります。

月経などの再開により、産後半年から1年ほどで自然に元の髪の状態に戻るので、
そこまで気にする必要はありませんが、実際には毛が抜けることでショックを受けることもあります。

こうしたストレスや睡眠不足、栄養不足が抜け毛のさらなる原因となってしまうため、
その不安を解消するためにも、女性用の育毛剤などを使ってみるのも一つの方法です。

最近は、アラフォーの高齢出産をされる方も多いかと思います。
そういう方は特に抜け毛の自然回復が遅れる傾向にあるため、頭皮や毛根に栄養を与えるためにも、育毛剤は効果的ですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る