オーガニックシャンプーのメリット・デメリット おすすめのものは?

毎日シャンプーしているのに、髪の悩みが絶えないのはどうして?

切れ毛、枝毛、抜け毛、薄毛でいつの間にか髪にボリュームが出なくなっている。

さらに、髪にツヤがなくパサパサ。頭皮のべたつきやにおいも気になる。

美しくまとまりのある髪、サラサラでツヤツヤ、ほんのりいい香りのする髪は女性のあこがれです。

いつまでも、健康で美しい髪であり続けるためには、一度今お使いのシャンプー(トリートメント)を
オーガニックシャンプーに変えてみませんか?

オーガニックシャンプーとは?

オーガニックシャンプー

最近は、市販のシャンプーよりもオーガニックシャンプーやボタニカルシャンプーなどが注目を浴びているようです。
それらは市販のシャンプーよりも少し値段が上がってしまいますが、髪や頭皮の健康のことを考えると、買い換える方が増えてきています。

そもそも「オーガニック」というのは「有機栽培」のことを言います。
有機栽培とは、化学肥料や合成農薬などを使用せずに、有機肥料と豊かな土壌で栽培された農作物や植物などを指します。

そういった意味からすると、オーガニックシャンプーは、有機栽培した植物の成分が配合されているものとなりますが、
日本ではまだその基準がないため、その配合量などに関しては、各メーカーに任せているところがあります。

また、オーガニックの認証機関は、世界では有名なもので、EUには「NaTrue」、フランスには「ECOCERT」、アメリカには「USDA」などがありますが、
対して日本では、農作物に対する有機JAS規格はありますが、シャンプーなどのような化粧品に対して規格制度はありませんでした。
それが2008年に、日本オーガニックコスメティック協会が内閣府の認証を取得しているため、
日本製のオーガニックシャンプーもだんだん増えてきました。

オーガニックシャンプーは、基本的には、有機栽培された植物成分由来の成分が主なので、低刺激で髪や頭皮に優しいシャンプーだということがわかります。

他にも、ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないシャンプーで、洗い上がりが軽やかで、サラサラヘアになるという特徴があり、
最近話題になりつつあるボタニカルシャンプーは、オーガニックシャンプー同様植物成分が配合されたシャンプーですが、
有機農法であるかないかだけの違いで、その違いも曖昧ではありますが、どちらも自然派シャンプーなので、環境にも優しく、安心・安全に使用できます。

オーガニックシャンプーのメリットとデメリット

美しい髪

少し前までは市販のプチプラのシャンプーのように、洗浄力が強く、指通りを良くして、サラサラツヤツヤの髪にするために
シリコンなどの化学成分が含まれているものが主流でした。

しかし、シリコンにはキッチンなどで使われているような界面活性剤といった化学成分が含まれています。
比較的安価なのと、清潔志向で毎日洗髪するようになり、洗浄力が強すぎるシリコンシャンプーを使い続けることで、
頭皮や髪を傷つけてしまい、何らかのトラブルを起こすことがわかってきました。
そういったことから、最近のドラッグストアでは、ノンシリコンシャンプーの勢力が広がってきています。

では、本当にオーガニックシャンプーは髪や頭皮にいいのか?
そこで、オーガニックシャンプーのメリットとデメリットについて挙げていきます。

○メリット

オーガニックシャンプーは天然成分(植物由来)で作られているので、とにかく頭皮や髪に優しいシャンプーです。
肌トラブルでお悩みの方でも、毎日使っても安心できます。
低刺激で保湿性のあるものも多く、頭皮ケアとしても安心して使えます。
使い続けているうちに、頭皮が健康な状態になり、抜け毛や薄毛が改善されたり、頭皮のべたつきや、ニキビなどもなくなります。

○デメリット

オーガニックシャンプーのデメリットは、使用感です。
植物由来の天然成分だけを使用するということは、一般的なシャンプーと比べるとどうしても、
泡立ちが悪かったり、匂いが弱かったり、なんと言っても指通りがわるくて、髪がきしむというのがあります。
でも、最近のオーガニックシャンプーはだいぶ使用感を改善させていますが、それでも物足りなさを感じてしまうかもしれません。

オーガニックシャンプーのメリットとデメリットを踏まえると、
シャンプーの泡立ちや香り、指通りなどの使用感を重視したい方は、一般的なシャンプーやトリートメントがおすすめです。
また、今現在、髪や頭皮にトラブルを抱えている方や、シャンプーの使用感よりも、安心・安全に使えるものを求めている方には、
オーガニックシャンプーをおすすめします。

おすすめのオーガニックシャンプー|ハーブガーデンシャンプーなど

最近は随分とオーガニックシャンプーを使っている人が増えてきています。
特に有名人などがSNSなどで紹介することが多いのが影響しているのだと思われますが、それらのシャンプーはまずドラッグストアで見かけることはなく、
専門店やネットなどで購入することになります。

そして、一般的なシャンプーよりもコストがかかってしまうのがネックだったりします。
例えば、評判が高いものとして有名なのが「ジョンマスターオーガニック」ですが、コスパが高いので続けるのが難しかったりします。

ジョンマスターオーガニック

ロングセラースターターキット
<内容> ・イブニングPシャンプー(プリムローズ) 236ml ×1
・C&Nデタングラー(シトラス&ネロリ) 236ml ×1
<プレゼント> ・R&Aヘアミルク(ローズ&アプリコット)サシェ 5ml×2  ¥5,832(税込)となっています。

でも、トライアルキットがありますので、まずはそちらを試してみるといいでしょう。

ジョンマスターオーガニックの詳細はこちらからです ↓↓↓

ジョンマスターオーガニック公式サイト

ジョンマスターオーガニックは高くても、中には口コミでコスパがいいと言われているのが「BOTANIST」で、世界中で売れているボタニカルシャンプーです。
シャンプー、トリートメント 490ml 各1512円(税込)と、お手頃価格で始められます。

BOTANISTの詳細はこちらからです ↓↓↓

他にも、オーガニックシャンプーでも日本製のものとして最も売れているのが、100%天然由来成分のハーブガーデンシャンプーです。

ハーブガーデンシャンプー

こちらは、使用感、香り、成分など満足度90%以上で、口コミ多数あります。

★口コミの一例

・指通りがよい
・無添加なのがうれしい
・髪のボリュームが出やすい
・ボタニカル成分が髪や頭皮をいたわってくれる
・アロマの香りで癒やし効果もある
・美容師も使っている

さらに、多くの有名女性誌に掲載され、エイジングケアシャンプー部門、ダメージケアシャンプー部門において第1位を獲得しています。 

ハーブガーデンシャンプーは、ノンシリコンのアミノ酸シャンプーで、南阿蘇産オーガニックハーブウォーター使用しています。
また、エコサート認定オーガニック成分配合、38種類の天然由来成分を配合しているので信頼ができます。
石油系界面活性剤、シリコン、合成香料、着色料、防腐剤一切不使用なので、安心・安全に使用できます。

頭皮のかゆみや抜け毛対策だけではなく、頭皮のべたつき、脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹、フケなどにも効果があります。
また、オーガニックシャンプーは、髪の毛の細い人や猫毛のように柔らかい髪質の人、年齢とともに髪にハリやコシがなくなってきた人には、
髪のボリュームアップ効果もあるので使いやすいですし、特におすすめします。

ハーブガーデンシャンプーの詳細はこちらからです ↓↓↓



まとめ

美しい髪2

髪の悩みは人それぞれにあるかと思います。

・髪が細く、切れ毛が多い

・ツヤがなくなってきた

・ダメージで髪がボロボロ

・コシがなくてボリュームが出ない

・カラーのしすぎで髪が傷んでいる

・髪がパサパサで乾燥している

このように、毎日シャンプーするようになり、頭皮トラブルの人も大変増えてきています。
これは頭皮の洗いすぎによる地肌の症状で、シャンプーを見直すことで改善できます。

最近では、シリコンなどの化学成分を含まない無添加のオーガニックシャンプーやボタニカルシャンプーのような
自然派のシャンプーが増えてきています。

一般的なシャンプーよりはコストはかかってしまいますが、髪や頭皮のトラブルが続いたりするようでしたら、
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る